よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 出会い そして別れ

<<   作成日時 : 2008/05/18 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

出会いがあるから 別れがある

別れがあるから 悲しみがある

悲しいから  涙が出る


今日 大事な人との 突然の別れがあった


交通事故


残された 幼い二人の 子ども

無邪気に走り回る その子どもは

疲れて お母さんの ひざの上で寝ていた


悲しくって 悲しくって 涙が出た

今日の雲は なんだか真っ白に 見えたなぁ


画像



                  「かよわひ花」 


       かよわひ 花です   もろげな 花です

                       

       はかない 花の命です



       朝さく 花の 朝がほは  昼には しぼんでしまいます

                     

       昼さく 花の ひるがほは  夕方には しぼんで しまいます

                   

       夕方にさく 花の 夕がほは  朝には しぼんで しまいます

                     

       みんな 短い命です



       けれども 時間を 守ります そうして さっさと 帰ります

                     

       どこかへ 帰って しまいます

                             
  
                          (詩   三好達治)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
突然の交通事故・・
なんともいえず無惨で、深い哀しみですね
「かよわひ花」の詩に、よしおさんの
その思いが、よくあらわされているような気がしました
亡き方の、ご冥福をお祈りいたします・・
風子
2008/05/18 09:29
やっぱり遺族に声ってかけられないものです。悲しすぎて…。

年少さんの、下の女の子が、何度も顔を見に行くんですよね。何でお父さんこんなところで寝てるのかなぁ。 (・_・、)
よしお
2008/05/18 10:19
 今日は。
 死は突然、くるからどうしていいのかわからない。残された人が元気になるまでそっとしておくのがいいのかもしれません。
珊底羅
2008/05/18 12:41
僕も同感です。
本当に苦しいとき、辛いとき、下手な慰めは逆に傷付きます。
よしお
2008/05/18 16:22
私も22歳のときに、病気で突然父を亡くしました。
最近になって母が、あの時は何を見ても父を思い出して涙がでたわ〜と話してくれました。
あの頃は私たち兄弟3人(私を筆頭に22,20.17歳残り二人はまだ学生)を育てるのに必死で、弱音を見せる暇もなかったんでしょうね・・・
家族の絆は強くなりましたが、それぞれが悲しみを抱えて弱音をみせずに
がんばってすごしていたように思います。
悲しみは月日でしか癒すことができないのかもしれません。
でも、何かの時には助けての手を差し伸べてあげてくださいね。
私たちも、たくさんの人たちに助けられたのを思い出します。
そらちゅけ
2008/05/18 18:15
同じ幼い子を持つ母として・・。たまりません・・。
残された者の悲しみも・・幼子をおいて逝く事になってしまった者の無念も
自分に置き換えると、言葉もありません。ただ、涙がこぼれるだけです。
 『死』というものの、意味さえも理解できない子供たちの無邪気さを見る母の悲しみは、どれほどのものでしょう。そして、未来への不安、愛するものを失った孤独感・・。奥様の・・1日でも早い、心の復帰を願うばかりです。
大切な者を失った悲しみを解決できるのは、時間と・・子供たちへの愛情でしょうね・・。ご冥福をお祈りいたします。
 
TO-y
2008/05/18 21:50
人には見せないけど、人って何か悲しみを抱えながら生きているんですね。
大事な人との別れは悲しいけれど、その悲しみを乗り越えたそらちゅけさんの言葉は、胸に深く響きます。

でも母はつよしです。親になって 初めてわかる 親の恩ですね =^_^=
よしお
2008/05/18 22:34
この間中国で地震があり何万人もの人が、なくなりました。
でも、悲しいけれど他人事なんです。

自分の友人、同級生が亡くなって初めてこんな気持ちになる。

TO−yさんが言われるように、相手の気持ちになって、一緒に涙を流すことしか出来ないと思います。
子ども達が強くたくましく育っていくように、できるだけ手助けしなきゃと思っています。
よしお
2008/05/18 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
出会い そして別れ よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる