よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 石垣の強さは?

<<   作成日時 : 2008/06/02 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 21

さて、熊本城の門までたどり着き、それから天守閣を目指し歩きます。

画像


そこが敵の侵入に備えて、考え抜かれたお城、道は曲がりくねり坂あり…… 天守閣は見えているのになかなかたどり着けません。

画像
画像
画像


ちょっと上ってみましたが、ここまでがやっと  (本当は上ってはいけません)

画像


石垣をよく見てよ。いろいろな石が複雑に組み合わされて、素晴らしい容貌を作っています。

石垣は、同じ大きさの石だけを組み合わせて組んでも、決して強い構造にはならないそうです。



人間の社会も同じこと。

仕事場を考えてください。たぶん仕事が出来て優秀な人もいれば、何しに来てるの?という人もいるかもです (-_-;)

でも、そんな人が職場のムードメーカーになったり、懇親会の時に盛り上げたりしてません?

いろんな人が、いろんな役割を果たして一つの社会が成り立っていると思うんだニャ =^_^=


               つづく (=^..^=)ミャー  僕の出番がないニャ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Prices of xanax without prescription.
Xanax no prescription. Xanax prescription. ...続きを見る
No prescription gene...
2009/02/09 15:21
Order xanax bars without prescription online.
Order xanax with prescription. Order xanax no prescription. ...続きを見る
Order xanax with pre...
2009/04/16 18:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
私の仕事は城を支える石垣のような底辺の仕事。でも代わりはいないし、今日から不安だけど頑張って行くぞ。そして、宴会の時は天守閣の天辺にいけるよう盛り上げます。
あんこ姫
2008/06/02 07:37
いつもあんこ姫さんのコメント見ると、元気が出てきます。

宴会(笑)の時は、きっとハチャメチャなんでしょう (^^ゞ
よしお
2008/06/02 07:54
おはようございます。お城 大好きです〜熊本城は1度だけですが行きました。昔のお方がどうやってこれを作ったのか〜と思うだけで浪漫を感じます。
☆ちなみに一番好きなお城は松本城 いつか行けたら是非〜^^;

石垣を社会の組織にたとえる発想・・素晴らしいですね!
あび
2008/06/02 08:04
あびさん おはようございます

お城って、歴史が好きな人にとっては作った人や、その時代…いろいろな条件で特徴があるのですごく面白いんです。

熊本はなんと言っても石垣の美しさ、お城の優美さだったら姫路でしょう。沖縄の首里城は独得です。
松本城も行ってみたいお城の一つ、さすが国宝だけあって天守閣が美しい (´。`)
よしお
2008/06/02 08:26
なるほど〜・・・・城の石垣と問いて・・社会の成り立ちと・・繋がるかぁ〜((uдu*)ゥンゥン
 それにしても、昔の人は凄いですよねぇ・・これを人の手だけで作り上げていくのだから!!
 ピラミッドにしても、本当は人は、驚くべき力をもっているんだろうにゃー(いかん・・最近よしおさんと話していると、猫語尾になる♪)
TO-y
2008/06/02 10:02
熊本城の立派な石垣のことを、ぼんやりと
思い出しましたよ
この石を一つ一つ身体で運んで、
ここまでのものにしたご苦労やら、
知恵やらが偲ばれますね・・

世の中の仕組みに似ているなんて
よしおさんの発想がユニークだ=@。@= ニャン
って、私まで、
ネコ語だニャン
風子
2008/06/02 10:12
書き忘れです
tikai君が、石垣よじ登ってるのが、かわゆいです
風子
2008/06/02 10:13
TO-yさん ホント、石をよく見ていると昔の人の苦労がよくわかります。

大きな石にくさびを打ち込んで、一つ一つ手作業で割っていったんでにゃ〜。  
そのくさびを打ち込んだ後が、あちらこちらに残っていました =^_^=

と、飼い主さんは感心していますが、写真を見てください!
chikaiくん。まともな道を歩いていない (-_-;)
よしお
2008/06/02 11:07
風子さん これを400年前に人の手だけで行ったとは、ホントびっくりです。

先日、大阪城に行った時もその石垣のスケールの大きさにびっくりしましたが、熊本城はこの石垣のラインの美しさ、どこか女性的ですにゃ〜 (´。`)

>写真には写ってないですが、下には「上るな!」の看板が (^_^; でも他の観光客のカメラにも収まっていました(=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/02 13:23
>人間の社会も同じこと。
それって確かにいえます。
いらない人なんていないのです。
みんな支えあって生きているんです。
あおいあおい
2008/06/02 13:50
立派な石垣ですね!!
外からみえるとこだけじゃなくて、きっと内部も複雑に積み重なっているんでしょうね・・・。
人目に触れなくても、縁の下の力持ちでがんばっている石・・・。
人もやはり同じなのかもしれませんね☆
プレミアママ
2008/06/02 13:56
あおいあおいさん こんにちは

人間と自然を切り離して考えるから人間は傲慢になるんだと思います。
自然の摂理も人間社会もまったく同じです。

「いらない人なんかいない」本当にそうだと思います =^_^=
よしお
2008/06/02 15:09
プレミアママさん こんにちは

氷山の一角って言葉があるように、目に見える部分はほんの一握りなんでしょう。

その一部分を見て、その人を判断してしまうことは怖いことです 

子どもも大人が計れない可能性を秘めていますよね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/02 15:14
へぇ〜、石垣って同じ大きさの石じゃだめなんですか。そうやって見ると昔の人ってすごいなぁ、と改めて思います。人間の社会も同じ。よしおさん、いいこといいますね♪いろんな人がいて成り立っている社会。いらない人間なんて一人もいなくて、みんな誰かを支えて、支えられて。
それにみんなが気づけば、やさしい社会になっていくのにね。
みゆひ姫
2008/06/02 16:40
みゆひ姫さん こんにちは

この石垣の話は、ある建築家の方から聞いた話で、「なるほどぉ」と思いました。

ネコもグータラ寝ているだけみたいですが、きっと人間の役に立っているから、ただでごはん食べさせてもらっているのだとおもいます (=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/02 17:02
高校生のとき、もう40年以上昔のことですが、熊本城の入場料が新設されました。それまでは無料で天守閣まで行けたのです。
そこで、数名の仲間で石垣を登りました。怖そうに見えますが、外側の石垣は簡単に登れます。もちろん武者返しですが、コツがあります。
帰りは堂々と出ました。
こういう悪さも若者の特権ですね。なつかしい。
にゃんごろー
2008/06/02 21:41
にゃんごろーさん はじめまして。

外側のお堀のところは上れそうな気もしますが……(^_^;
時々消防のレスキューの人が、ボランティアで石垣の草取りをされていますが、やっぱり怖そうです。
そこを上られたのですか?すごいですね〜。

そして青春の思い出ですね (=^_^=)ニャア

追伸 もしかしてにゃんごろーさん 本物のネコ?
よしお
2008/06/02 22:05
世の中には必要のない人や物なんてないですもんね。

みんなが余裕を持って、お互いを認め合って
生きていければ、みんなが楽しく過ごせると思います。
ほんの少しの謙虚さと思いやり・・・
ついつい、忘れてしまいがちです。
気をつけま〜す。
そらちゅけ
2008/06/02 22:06
そらちゅけさん こんばんは。

本当に、自分のためなら人の命すら踏みにじる、そんな事件が後を絶ちません。

まずは自分の子どもに、認め合い助け合う心を教えてゆきたいと思います (=^_^=)ニャア
よしお
2008/06/02 22:14
こんばんわ〜
城廻り好きなので、いつか行ってみたいなぁ〜
熊本城^^
まだ、九州は上陸したことがないので、わくわくしますね♪
ウルズ
2008/06/02 23:18
ウルズさん こんばんは

九州は自然豊かで良いとろ、温泉もいっぱいありますしね。

とりあえず、熊本城シリーズでいったつもりで我慢してくださいませ (=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/02 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
石垣の強さは? よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる