よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物の命は誰のもの?

<<   作成日時 : 2008/06/27 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

人間ドッグで潰瘍や胃の出血が見つかった飼い主さん。

毎日薬を飲む羽目になりました。
画像


大体薬嫌いな人なので、病院に行って薬をもらってもほとんど飲みませんが、今回はまじめに飲んでいるようです。


今私たちは毎日の生活の中で、薬・食品添加物・プラスチックには抗菌剤・消臭剤・化粧品等々、たくさんのもののお世話になって生きていますが、その開発の中でどれだけたくさんの動物たちの犠牲があるか、考えた事はありますか?

具体的なことは「動物実験」で検索すればすぐに出て来ます。

しかし、そこで使われる動物(ネコもですよ)は実験道具であり、命ではありません。

生後半年のよしおくん、すでにコワイ(^^ゞ
画像


仕方がないと言えばそれまでですが、私たちが食べているものや、品物にどれだけの実験動物の命が犠牲になっているのか、考える必要はあります。

以前、ジャーナリストの森達也さんとの交流会に参加した時に、この事実を知らされ、ドキュメンタリー映画を見ましたが、はっきり言って直視出来ませんでした。

そして、今ペットショップで商品として売られている動物たち、きちんと管理されている所がほとんどであると信じていますが……。

ブログ仲間の「まある」さんの記事を是非ご覧下さい。そしてちょっと考えてみて下さいヾ(=゚・゚=)ノニャン

「天国のクウちゃんに捧げます…」
動物も人間も願われて生まれて来た命、自由に生きる権利は動物にもあるはずなのに……。

『翼をください』赤い鳥 (学校の教科書にも載っていて、歌った人も多いのでは?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
昔・・・・「翼が」・・・のところを「お金が」に 変えて・・・歌っていたやつが いたが・・・・今 どうなっているのか・・・?
でも・・・・いろいろな「犠牲」の 上に 私たちの「生活」が あるんですよね!
432R
2008/06/27 11:36
432Rさん こんにちは

「お金がぁぁ」って、すごい歌 (^_^;)
普通に食べている「カップヌードル・シーフード味」の甘味料や保存料、容器の安全実験…等々知らないところでたくさんの動物の命が…でも美味しいヾ(=゚・゚=)ノニャン
よしお
2008/06/27 12:17
よしおさんの記事にはいつも考えさせられることが多いのですが、今回も…
まあるさんの記事、読ませていただきました。人間ってなんて自分勝手なんでしょう。悲しくなりました。
私はああやって生き物に値段がつけられ、それが大きくなるにつれてどんどん値下がりしていくことが大嫌いでいつも不愉快な気持ちがしていました。
そして今は、売れ残ってしまった犬たちのことを考えると…生き物を飼うことの難しさ、大変さをよく考えないといけませんね。可愛いだけでは面倒見きれない。その子の一生を自分が預かるわけですから。
子供にも話してみたいです。動物大好きの娘。これからは動物を大切に出来る娘になってもらいたい。
みゆひ姫
2008/06/27 13:32
みゆひ姫さん こんにちは

この事どうしても、ネコとして(^。^)はずっと書きたかったのですが、やっと記事に出来ました。
企業はこの動物実験の詳細は決して公表しません。しかし現実として、そのような動物の命と引き替えに、私たちの便利な生活があることを忘れてはいけないと思うのです。
ブリーダーといわれる人を知っていますが、生まれた時点で商品価値のない犬やネコは……(・_・、)
それに飼い主の責任もです。

是非親子で考えてみて下さい =^_^=
よしお
2008/06/27 13:57
まあるさんの日記も読みましたよ
私も、動物大好き人間です
ニャンコも、家の中にいるゴンちゃんの他にも
外でも、えさやったりもしてます
でも、野良猫が増えすぎるからと
クレームもきました
去年までは、犬も飼ってました
ワンコののいろいろなことにも、
何時も心を痛めてるその一人です
どの子にも幸せになってもらいたい・・
切にそう思います
でも、嘆いても嘆いても・・
解決のできないこともいっぱいですね・・
風子
2008/06/27 14:13
わかってはいるんですけど、あまりつらくて
日々犠牲になっている動物、時には人間のことを
考えないようにして毎日暮らしてる臆病者のひとり
です。
ミッキママ
2008/06/27 15:30
風子さん こんにちは

世の中って本当に思ったようにはならないものです。
でも、ワンちゃんだってニャンちゃんだって生きているし、殺虫剤の実験で死んでいったゴキブリだって死にたくはないはずなのにね。
難しい問題ではあります(=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/27 16:01
ミッキママさん こんにちは

>考えないようにして生きている。僕も含めてほとんどの人がそうだと思います。
でも、知ってゆくことは大事だし「ゴメンね」の気持ちを持つことだけでも素晴らしいことだと思います (=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/27 16:04
こんにちは。
実家の犬は雨の日捨てられていたのを妹が拾ってきた犬です。妹は全然構わないのに、拾ってくれた恩は忘れずお帰りってワンと言います。天国のクウちゃん・・実は娘の呼び名もクウちゃんなのです。
あんこ姫
2008/06/27 16:53
ドイツでは野良猫や野良犬・野良猫は見かけません。
もし見つけたら警察に届け出て落し物扱いになるけど、
大抵飼い主が見つかります。
ペットショップでの店頭売りも禁止。
金銭目当ての繁殖や衝動買いを防ぐためです。

システムを変えていく第一歩は知ること
そして考えることだと思います。
ゆむるた
2008/06/27 17:28
あんこ姫さん こんにちは

僕も雨の日に公園のトイレの裏に、スーパーのビニール袋に入れられて捨てられていたのを、chikaiくんに拾われました。恩は決して忘れずにいつも噛みついています(^_^;)
クウちゃん。偶然ですね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/27 17:32
ゆるむたさん こんにちは

ドイツ人気質といいますか、ゴミ問題にしても環境、原発問題、そしてペットに関しても厳格な考えを持っているんですね。
日本ではまだまだ民間主導ですが、国、自治体がきちんと対処しないと根本的な解決には至らないし、一人一人の意識も大切ですね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/27 17:38
私が通っていた大学は医療大学なので、実験動物の飼育部屋、監禁部屋がありました。
実験用マウスはある一定条件を満たしたマウスでのみ実験が可能となります。一匹一匹。結構な値段です。でも、飼育部屋では偶然オスとメスが同じ箱にいて、赤ちゃんが生まれた場合、その赤ちゃんは一定条件を満たしていないと考えられ、処分です・・・。
他にも私がスキなウサギもたくさんいたし、犬も猫もサルも・・・。
あの子たちは何も知らずにそこに連れて行かれ、運命が決まっていました・・・。
なんて言ったらいいのか、言葉が出てきませんが、私は二度とあの部屋には入りたくないです。
でも、私がそっぽ向いたところで、何も状況は変わりません・・・。
プレミアママ
2008/06/27 20:38
 今晩は。
 近代化って、金儲けをするためだったのか。動物供養やってあげないと、生まれ変わる時同じ運命を辿るかも。
珊底羅
2008/06/27 21:31
プレミアママさん こんばんは

昔は保健所で保護された犬やネコが実験動物として使われた時代がありましたが、今はみんな殺処分。
実験動物は業者から購入だと思います。
用途によって、無毛マウスとか色々な“実験用”動物がカタログに載っている、そんな感じだと思います。
実験動物、そして臨床試験がないと薬として認可は下りないし、医療の分野でも必要な事とは判っているのですが……ヾ(=゚・゚=)ノウーン
よしお
2008/06/27 21:40
珊底羅さん こんばんは

大学病院などでは、実験用動物の供養とか、献体をしていただいた家族を呼んで慰霊祭みたいな事をしている所も多いと思います。
ただ、民間の中には本当に無駄な動物実験をしている所も多いと聞きます。
ただデーターを作り込むために殺された動物たちは、
ほんとかわいそうヾ(=゚・゚=)ノ
よしお
2008/06/27 21:47
全て読みました・・まあるさんの記事・・そこにリンクしてあった記事・・。生物学上では同じ哺乳類なのに、何故人だけにそれだけの支配権が与えられたのだろうか・・? 何故?人がいつも上の立場なのだろうか??知識があるから?言葉が発達しているから?二足歩行が出来るから?? 地球側から見ても、動物側から見ても・・一番の害は人間ではないのかと・・
少し悲しくなる記事でした・・。
TO-y
2008/06/28 00:44
TO-yさん こんばんは

このことは僕の心の中にずっと引っかかっていて、まあるさんの、あのショッキングな記事を拝見してホント涙が出ました。
有頂天っていいますが、本当に浮かれている時って他のものの痛みがわからないし、命が見えない。
動物実験はある意味必要かもしれませんが、あらゆる命の支えによって人間も生きていることを、考えなくてはいけないと思っています ヾ(=゚・゚=)ノ
よしお
2008/06/28 01:01
動物実験に、猫もですか!やはりペットとして飼われてるのが多い猫や犬の場合はショックが大きいような?!
(>.<)
私は最近、‘あいのり’の旅で見たのですが。ある国で牛の丸焼きを食べてたんですよね。私たちが食用にしてる動物っていっぱいいてるけど。あんな風に丸ごと!のを見ると、そのため用に生まれて来たんだね。って感じで悲しくなってしまいました。
でも、本当に、そういうのは割り切って行かないといけないんでしょうね。この人間社会では人間が中心なのですから。
ペットショップ。そんな裏側があるのは知りませんでした。私が見たお店は、いっぱいのスタッフがいて散歩に行こうとしてるとこや色々?見たし。そこによって管理状態は違うと思うし、まだマシな気もしましたが。どっちにしても動物側は早く良い方にもらわれないと〜悲惨なのかもしれませんね。今度行ったら、見る目が変わりそう。
(T-T)
あっ、よしおくん、ちゃんと薬は飲んでくださいね!
(^○^)
留加
2008/06/28 04:22
留加さん おはようございます

欧米の感覚ではたしかに人間の為にほかの動物が作られたという感覚がありますが、農耕民族の日本人は牛や馬でも家族として生活してきましたから、どうしても西洋的な“合理主義”はどうもしっくりいかないないんだと思います。
ネコでも生体実験の映像を見ると、ここまでやるかぁと、可愛そうで見ることも出来ないぐらいです。
薬ちゃんと飲んでますよ(=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/28 08:59
こんにちは。
いつも読み逃げだったんですが、すみません(^_^;)
記事をリンクしてくださって本当にありがとうございました。
動物実験、繁殖と販売、毛皮、畜産動物など、動物の尊厳をめぐる問題は、気がつけば実はとても身近で「自分自身」との関わり深いものだとわかるのですが、私自身もそうであったように、「知らない」ばかりに不本意な選択をしてしまっていることもよくあることですね。
まずは、そういう現状を一人でも多くの方に知っていただく機会を…と思い、微力ですが、ブログでの掲載を続けてきました。
よしおさまのブログから広げていただいた御縁にはとても感謝しています。

どうか、おからだお大事になさってくださいね。
まある
2008/06/28 15:19
まあるさん こんばんは

今回のリンク本当にありがとうございました。
これからも、機会あるごとに何かメッセージを発信できればと思います。
本当に微力ですが、少しでも動物たち、いやひいては私たち人間の命の尊厳に力になれればと思います。

これからもよろしくです(=^..^=)ミャー
よしお
2008/06/28 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
動物の命は誰のもの? よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる