よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トムとジェリー

<<   作成日時 : 2009/05/22 14:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 50

 この間chikai君とコンビニでお買い物をしていたら、トムとジェリーDVDボックスというのが売ってあり、なんと初期の作品 1940年(昭和15年)からの作品が収録されていました。もう70年近くたっているので、著作権も切れているのでしょう、30話はいって980円でした。

 しかしコンピューターで修正され、非常に美しい画面でノイズもほとんど無く、戦前に作られたものとはとても信じられません。

画像



 1930年代後半、当時アメリカでアニメーション、正しく言うならカートゥーンの分野では、ウォルト・ディズニー・カンパニーが人気面で先頭を走っており、これに目を付けた他の映画会社が負けじと、カートゥーンを手掛けることとなった。MGMも例外ではなく、新しいカートゥーンを創るべく、ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラの2人のアニメーターに製作を依頼。こうして誕生したのが「トムとジェリー (TOM and JERRY)」であった。 (Wikipedia)



 一話7〜8分の短い作品ですが、とても良くできていて、トム(本名はトーマス・キャット)も1940年代の顔の方が、ネコの僕としては好みですね (^。^)
 ちなみにこの頃のアニメーション (カートゥーン)は、普通の映画のフィルムを掛け替える間の待ち時間に流していたため、7〜8分程度の作品が多いそうです。

 ともかくこの頃のアメリカの豊かさを感じさせられます。冷蔵庫や豪華な調度、広いリビングなど思わずため息が出ますが、一方でお手伝いさんは必ず黒人ですし、インディアンは敵役で出てくることが多いですね。


 初期の作品でトムとジェリーがボーリングに行く作品があるのですが、なかなか見つからず吹き替え版をやっと見つけました。昔のアメリカのボーリング場が細かく描かれていて、興味深いです。


楽しいボーリング




挿入の音楽も、フルオーケストラを使ったかなり凝ったもの。
だから70年の時を経ても、観賞に堪える作品になっているのでしょうね。


 「トムとジェリーの最終回」という話しを知っていますか? かなり有名な話しなので、知っている人も多いかな?

 これはネット上で作られたお話しでこのような作品は存在しませんが、考えさせられる話しなのでコピペしておきますね。




トムとジェリーの最終回






ジェリーが大人になった頃トムはもうこの世にいませんでした。




トムは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、




こっそりジェリーの前から姿を消しました。




ジェリーの前で弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。




トムはジェリーの心の中ではずっと喧嘩相手として生きつづけたかったのです。




トムがいなくなったのに気づいたときジェリーは悲しみはしませんでしたが、退屈になるなと思いました。




トムとの喧嘩は最高にスリルのあるゲームでしたから。




胸の奥が不思議にチクチクはするのですが、




それが何なのか、 ジェリーにはよくはわかりませんでした。




トムの願い通り、ジェリーの心の中でトムはいつまでも仲の悪い喧嘩相手でした。




そんなある日ジェリーの前に一匹の猫が現れました。




トムよりのろまで体も小さい猫です。




喧嘩相手のトムがいなくなって寂しかったジェリーは、




今度はこの猫を喧嘩相手にしようと考えました。




そこでジェリーは、




穴のあいた三角チーズが仕掛けられたねずみ取りを利用して、




その猫に罠をかけることにしました。




いつもトムにしていたように。




ジェリーは物陰に隠れて、ねずみを求めて猫がねずみ取りの近くに来るのを待っていました。




そして思惑通り猫が罠に向かって近づいてきます。




ジェリーはしめしめと思いました。




いつものように、自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、逆に猫をねずみ取りにかけてやるんだ。




うふふ。




手か尻尾を挟んだ猫の飛び上がる姿が頭に浮かび愉快です。




でも、その猫はトムではありません。




猫はチーズの近くまで来たとき、ジェリーが出てくるより早く美味しそうなねずみの匂いに気づき、




目にもとまらぬ速さで隠れていたジェリーに襲いかかってきました。




ジェリーはいつもトムから逃げていたように逃げましたが、




トムよりのろまなはずの猫にすぐに追いつかれてしまい、体をガブリと噛まれました。




ジェリーも噛みつき返しましたが、 トムより体が小さいはずの猫は平気です。




血まみれのジェリーは薄れ行く意識の中で、本当は鼠が猫と喧嘩して勝てるわけがないことと、




いつもトムはジェリーに「してやられた」ふりをして、




わざとジェリーを捕まえないでいたことを、そのとき始めて知ったのです。




トムの大きな優しさと友情に気づいたのです。




そしてトムがいなくなった時の胸の奥のチクチクの正体にも気づきました。




かけがえのない友を無くした悲しみでした。




ジェリーの魂が体を抜けた時、空の上には優しく微笑みジェリーを待っているトムがいました。




「また喧嘩ができるね」




「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」




画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(50件)

内 容 ニックネーム/日時
コンビニでそんなのが!たまにコンビニしか売ってないお得商品があるのかな?
トムとジェリーって、いつも追いかけっこしてるイメージが。まあ?それがメインなのか?そこしかあんまり覚えてません。見てなかったのか?
ボーリング。面白かったです!私はボーリングがまだ?得意な感じだったので。(笑)会社の大会などではいつも賞を!(でも、女子はハンデがあったから。(^^;;)
大人になってから昔のアニメを見たら、色んな見方ができますね!
最終回がネット上で!読んでたら、少しウルウルしましたよ。だけど、なんか?良く書きすぎてる気も。(笑)確かに、喧嘩するほど仲が良い!というのもあるね。気を許せる相手でないと喧嘩までできないかもしれない。
あー。子供の時は、トムが悪者?みたいな目で見てました。本当は優しいネコちゃんだったかも?なのにね。
(^O^)
留加
2009/05/22 16:29
パソコンの前に泣いてます^^;
最終回ってそうだったんですね〜。

胸がちくちくしてます(はい)
トムって やっぱり〜良い猫でしたね♪

ナツカシイので
コンビニ〜行ってきま〜す(捜して買ってきます)
あび
URL
2009/05/22 17:30
トムとジェリー、子供の事はまって見てました。
大好きなアニメでしたが、最終話はどんなだったか全く覚えていませんでした。

書いて下さっているのを読んで、
「そっかー」と思ってシミジミでした。
ビオラ
2009/05/22 17:50
トムったら・・・。
トムとジェリー大好きでした。

あ〜私も胸がチクチクします。
いつも一緒にいてくれる人達を、大切にしよ!
wpsachi
2009/05/22 19:21
懐かしい〜トムとジェリー♪見てました!大好きだったな〜♪でも今見ても面白いですトムの本名と最終回、初めて知りました。テレビでの最終回はいつものように喧嘩して終わったんでしょうか?「最後」って覚えてないもんですね〜★
こりす
2009/05/22 20:33
私もトムとジェリー観てましたよ
懐かしいです
歌も覚えてますヨ
♪トムとジェリー仲良くケンカしな〜
って、よく歌いましたから(笑)
ラストのストーリーもなんだかおぼろげながらに、知ってたような・・

なんだかよしお君がとっても優しいネコに思えてきました
ゴメン、ゴメン、実際も優しいネコだよね (o^∇^o)ノ
風子
2009/05/22 21:00
猫好き私の原点となる番組です
リアルタイムに見ていたのでとても懐かしい映像ですね
だいぶ前に、DVDを発見して買ってみたものの
声優さんの声が入っていて、どこかに封印してしまいました

最終回のお話私も泣けました…(T_T)
内容を読みながら見ていたかもと記憶がよみがえりましたね
トムとジェリー真からの友達だったのでしょう
アップありがとうございました^^。

みぃねいさん
2009/05/22 21:16
トムとジェリーいまだにうちの子も好きですよ
何十年経て世代が変わっても見続けられる作品って貴重ですよね

それにしても最終回のお話・・・
作り話だとしてもとても奥が深く切ないお話ですね
まぁーこ
2009/05/22 21:21
トムとジェリーの最終回って…。
ウルウル、泣いてしまいました。

楽しい漫画だったのですが奥が深い。
あの主題歌が頭の中を流れています。

たこりん
URL
2009/05/22 22:06
すごく胸に迫ってくる最終回でした。
その前に動画を最後まで笑いながら見て
いたので、なんだか涙が出ちゃって。
たとえネットだけでの話でもたしかに
この終わり方はあってるのかもしれない
なんて思いました。子供の時から楽しく
見てるだけのトムとジェリーでしたが、
ちょっと見方が変わりました。
ミッキママ
URL
2009/05/22 22:24
トムとジェリーDVD,
持ってますよ♪うふふ。
うん、とっても、良いお話ですね。
あにみけ
2009/05/22 22:52
こんばんわ。
「トムとジェリーの最終回」の話、しりませんでした・・・。
誰が作ったのか知りませんが、心にしみる良い話ですね。
この話をいつものようなアニメーションでイメージしてみると・・・
( ̄へ ̄|||) ウーム
「トムとジェリー」では、流血のシーンは想像できません(-_-;)
ユージ
URL
2009/05/22 22:59
トムとジェリーは大好きなアニメですね
トムとジェリーの最終回の話は初めてみました
だれが作った話か知りませんが
私は好きになれない内容ですね
トムがわざと捕まえないことにジェリーが気付いてないなんてことは無いと思いますよ
死ぬ時に初めて気づくという設定は悲しすぎるので嫌ですね

2009/05/23 00:00
お早うございます♪
気持ち玉ありがとうございました
懐かしいトムとジェリーの最後はう〜んなるほど、そうだったのか!としんみり
何気なくみていたアニメも作者の意図や思いをこんな風に感じられたらいいですね
それにしてもよしおくんはクールでイイッス!ねえ。。鋭く世界をみていますね
また覗かせてもらいにきま〜す。これからも宜しくお願いいたします
コケコ
2009/05/23 07:22
留加さん こんにちは

コンビニ限定かどうかは判りませんが、たまたま見かけて買ってしまいました。
DVD2枚組で980円はお買い得ですよね。

最近ボーリングやっていないなぁ =^_^=
よしお
2009/05/23 10:33
コンビニで『トムとジェリー』が売っているとは
今度私も、コンビニ覗いてみよっと!!

トムとジェリーの最終回、知ってます。。。
と言うか、主人から聞いたのですが
かなり感動的で、トムって何ていいやつって
思いましたよ!!
その優しさに気づいたジェリーも、何だか
心が温かくなる、最終回ですよね!!
子供に聞かせてあげたいですo(*≧ω≦*)o゙
ミルクティー
URL
2009/05/23 10:35
あびさん こんにちは

トムとジェリーの最終回は、ネット上では有名な都市伝説らしいのですが、たまたま見つけてコピペしてみました。

子どもの頃、よく見ていましたね=^_^=
よしお
2009/05/23 10:38
ビオラさん こんにちは

トムとジェリーには実際、最終回らしいものは無いようですが、このお話は多分日本人が考えてネットに流したのだと思います。
なんか東洋的な物語になっていますからねぇ =^_^=
よしお
2009/05/23 10:41
wpsachiさん こんにちは

トムがかっこよすぎますよね(^。^)
身近にいると友達のありがたみも判りませんが、無くしてしんみりと判ることもあるのでしょうね =^_^=
よしお
2009/05/23 10:44
こりすさん こんにちは

日本でも1970年代から放映されていたので、親子3代ぐらいで親しんでいたことになりますね。
あのどたばた劇は、リズム感があって愉快ですね =^_^=
よしお
2009/05/23 10:48
風子さん こんにちは

本当に「仲良くケンカしな」ですねぇ。番組の中でも時々友情を見せてくれる場面がありますし、みている方も本当は仲がいいという暗黙の了解が出来上がっていますね =^_^=
よしお
2009/05/23 10:51
みぃねいさま こんにちは

トムとジェリーは無声映画の影響があって、セリフが無い作品も沢山あります。
チャップリンの映画も好きですが、トムとジェリーも通じるところがあります。最近の「ウォーリー」もトムとジェリーやチャップリンの作品に似た、テンポの良さがあります =^_^=
よしお
2009/05/23 10:55
まぁーこさん こんにちは

時代や世代を超えて見られる作品には、ちゃんと訳があるって事ですよね。アカデミー賞にノミネートされたり受賞をしたりした作品も数知れず・・・子どもにも安心して見せられます。

最終回はなにか、日本人的な無常観がありますね =^_^=
よしお
2009/05/23 10:59
たこりんさん こんにちは

主題歌の音楽にあわせると、ウルウル来ちゃいますね。 
当たり前ではありますが、いつかはお別れが来るんなら、真心を残してお別れしたいですね =^_^=
よしお
2009/05/23 11:02
トム&ジェリーはよく見てました。
今でもケーブルTVでやっているので
楽しんで見ています。
覚えているのも沢山あります。。。
でも 最終回は知りませんでした。。。
永遠にじゃれあってるイメージがあるまま
終わったわけじゃなかったんですね。
とっても感動的な最終回だったんだぁ〜
是非見てみたいと思います。。。が。。。
絶対に号泣しそうです。
猫田にゃん仔
URL
2009/05/23 11:06
ミッキママさん こんにちは

一連の作品も、よく見てみると一つ一つが丁寧に作られているし (一年に2〜3の作品だから当たり前かもしれませんが) 内容的にもすばらしいものが多いですね。
悲しいけれど、こういう終り方も有りかなと思います =^_^=
よしお
2009/05/23 11:06
あにみけさん こんにちは

持っていましたか! 
アニ君とミケコちゃんは、仲良くケンカしていますか(笑) =^_^=
よしお
2009/05/23 11:10
ユージさん こんにちは

本当に(^_^; このシーンを実際アニメで作ったら、ちょっと子どもには見せられないかも。
話としては感動的なんですけどね =^_^=
よしお
2009/05/23 11:12
露さん こんにちは

確かにトムとジェリーの間で信頼関係があるからこそ、この物語は成り立っているんだと思いますね。
この最終回の話を作った人も、それは判った上での事でしょうが、終り方がちょっと悲惨ではあります =^_^=
よしお
2009/05/23 11:15
コケコさん 初めまして

こちらこそ密かにリーダーに登録して、覗かせて頂いておりました(笑)
これからもコメントを含めておじゃまさせて頂きます。

アニメも大人の目線で見ると面白い発見があっていいです。特にこの頃のアメリカのアニメは時代背景もあって興味深いです =^_^=
よしお
2009/05/23 11:18
ミルクティーさん こんにちは

ちょっと残酷な結末ですが、何か心に残る話ですね。
たまたまセブンイレブンにあったのですが、二枚組で980円だったので、昔買ったビデオもあったのですが、また買ってしまいました。
コウ君も、喜んで見るんじゃないかな =^_^=
よしお
2009/05/23 13:22
猫田にゃん仔さん こんにちは

トムとジェリー、永遠の名作ですね。アニメでもいいものは大人が見ても十分に楽しめますからね(^。^)
最終回は誰かが作った創作ですが、実際あったら泣いちゃうでしょうね。
確かトムが死んで、天国に行くという作品は見たことがありますが、結末が全然違っていました =^_^=
よしお
2009/05/23 13:28
こんにちは〜っ♪
最終回、オリジナルではないけど
なんかせつないなぁ・・・。

私が通院していた歯医者さんでは
このDVDを音声を消して流しています。
思わず真剣に見入ってしまいます。
不思議なことに頭の中にふたりの
掛け合いが聞こえてくるんですよ。
子供の頃、飽きもせずに
毎日毎日見ていたからですよね。
narinari
URL
2009/05/23 13:54
narinariさん こんにちは

トムとジェリーは、単なる追いかけっこじゃなくて、音楽にのったリズムがあるので、音が聞こえなくても十分楽しめますね。
それに何回見ても飽きない、不思議さがあります。最終回は考えさせられますね・・・=^_^=
よしお
2009/05/23 14:08
歳のせいでしょか?(^^;
涙もろくなった気がします。ふぅ〜

よしおくん、風邪はすっかり良いですか?主人はまだ治りません(−−;
ゆの
2009/05/23 14:53
う〜ん。覚えてます。白黒?だったような?
歌も覚えているけど、チーズ!穴が開いてるのがチーズだとずっと思ってました。それにネズミがチーズ好きなんて知らなかったし。
あんこ姫
2009/05/23 20:01
我が家はスカパーに加入しているので
『カートゥーンネットワーク』で
トムとジェリーが放送されたりしています。
娘も大好きなトムとジェリー。
世代を超えていつまでも愛されているんですね。
最終回がそんなに深い内容だったなんて
衝撃的です。
読んでいてショッキングな内容ですが
トムの愛を感じます(T_T)
これからは違った見方も出来そうです。
NAGI
URL
2009/05/23 20:46
スカパーでしか、アニメを見られない我が家では、夕方のトムとジェリーは必見の番組です。

私もストーリー全部知ってるのにやっぱり毎日見ていました。
3話立てだったけど、間の2本目に犬のドルーピーや、カラスのコンビが出てくるもので、それが好きでした。
息子と何十年も昔のアニメを大笑いしながら見られるなんて、とっても素晴らしいことですね。

いや、ひょうきん族やドリフもスカパーで見てますが、、、笑
たんたん
URL
2009/05/23 23:19
ゆのさん こんばんは

歳のせい? ゆのさんが撮ったあの写真を見る限り、まだまだ輝いていますよ!

だんだん涙もろくなるのは、誰でもじゃないでしょうか。悲しみを経験してきているから・・・。
風邪はもうほとんど良くなりましたが、喉がまだ荒れているようです =^_^=
よしお
2009/05/24 00:51
あんこ姫さん こんばんは

白黒テレビって何ですか(笑)・・・
穴あきチーズは、スイスの代表的なチーズで、“エメンタールチーズ”と言いますが、一目でチーズと判るので、このチーズを使ったのでしょうね。

僕は猫だけど、チーズが大好きですよ! =^_^=
よしお
2009/05/24 00:58
NAGIさん こんばんは

スカパーにカートゥーンネットワークと言うのがあるんですね。
テレビはほとんど見ないので、そういうのには疎くって(^_^;)

最終回というのは実際にはなくて、ネット上の都市伝説なんですが、ちょっと考えさせられるお話しですね。確かにいろんな作品を見ていると、端々にトムとジェリーの友情が、見て取れますね =^_^=
よしお
2009/05/24 01:04
たんたんさん こんばんは

トムとジェリーはもう自分が子どもの頃を含めて、何百回も見ていると思うのですが、何度見ても面白いですね。
ある意味完成されている作品なのでしょう。70年も前の作品を現代の子どもが夢中になって見ている姿は、不思議な感じもしますね。

ドルーピーの不思議なキャラや、ピンクパンサーも大好きです。

ひょうきん族  懐かしい! =^_^=
よしお
2009/05/24 01:11
トムジェリ、私も大好きです。
先日、回転寿司の待合で画像だけ流されてて、見入ってしまったところに順番が来て・・・「この話終わるまで待ってください。」・・って言いたかったです。

最終回、知りませんでした。ジンとくるお話ですね。作り話だそうですが、ホントにそうかもしれんな・・・って納得できるようなアニメですものね。「なかよく けんかしな♪」って、歌の通りに。
まある
URL
2009/05/24 07:58
まあるさん こんにちは

トムとジェリーの場合、憎しみあっての喧嘩じゃなく、喧嘩するほど仲が良いという感じですね。
ドタバタしていても、何か心が通じ合っているから笑って見られるのでしょう。
最終回の話しも、こんな所から出てきたのでしょうね =^_^=
よしお
2009/05/24 09:10
トムとジェリー懐かしいですね!
子供の頃よく観ていました。
あの頃は、同じくよく観ていたディズニー映画なんだとばかり思ってましたよ。
しかしトムに本名があったんですね!
ジェリーはまんま、ジェリー?

トムとジェリーの最終回、切ないですね。
子供に聞かせるのにもいい話かも。
あさ
URL
2009/05/24 17:06
ちょっと前、テレビで【トム&ジェリー】が再放送していたとき、華が凄く好きで、一人でケラケラ笑ってみていました。時代がかわっても、子供達の楽しめるアニメなんですよね。
 私は、このアニメで出てくる、ぷよんぷよんしたゼリーや、お肉がとても美味しそうで、いつか食べてみたいって子供ごころに思っていましたねぇ〜。
 トムとジェリーの最終回。凄く切ないけど
本当にそうなるかも・・っと思いました。
 まさに、仲良く喧嘩しな♪ですね。
TO-y
2009/05/24 20:51
ディズニーもそうですが、昔のアメリカのアニメってオーケストラの音に合わせてうまくキャラクターが動きますよね☆
子供のころはそんなこと気にも咎めず見てましたが、大人目線から改めて見ると当時の技術&手間暇がかかってることに驚きます。
最後のお話、アニメを想像しながら読ませてもらいました。
切ない・・・切なすぎるなぁ・・・。
プレミアママ
2009/05/24 22:41
あささん こんにちは

ジェリーは元々名前すらなく、ただのネズミとして出演していましたが、人気が出て名前がつけられたそうです。
ジェリーの名前は、日本で言う太郎・花子の英語版、トムとジェーンから来ているような気もします =^_^=
よしお
2009/05/25 11:26
TO-yさん こんにちは

親子で楽しめるアニメって、そんなに多くはないですね。特にトムとジェリーは今の子どもでも引きつける何かがありますね。
単なるドタバタじゃ無いところが良いですね。

そうそう! 食べ物が美味しそうなんですよ(笑) =^_^=
よしお
2009/05/25 11:30
プレミアママさん こんにちは

トムとジェリーの音楽は本当に凝っていますね。単なるBGMじゃないところが凄いです。

時々トムがピアノを弾いていたりしますが、足の指でリストを弾きこなす名人です(笑)

最後の話しは、悲しいけどなんだか考えさせられる話しですねぇ =^_^=
よしお
2009/05/25 11:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
トムとジェリー よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる