よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿修羅って??

<<   作成日時 : 2009/09/25 18:24   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 50

先日行った阿修羅展、人ばかりで大変でしたが実物のお顔を見ていると、何とも言えない美しさがあります。

阿修羅像は天平6年(734)年の作ですが、長年の時を経ても今、そこに生きて立っているような感じさえします。


画像



こちらは動画。ゾクッとするような美少年ですが、どこかに憂いがあるんですよね。





ところで、阿修羅は仏様ではなく「修羅」の世界を統一する王だそうです。

修羅といえば泥沼の戦いを「修羅場」というように、争いの世界を修羅といいます。

なぜ阿修羅がこの争いの世界に堕とされて来たのには訳がありました。
元々阿修羅は「正義」を司る神様として君臨していましたが、自分の一人娘を一目惚れした帝釈天にさらわれてしまいます。 (帝釈天といえば、寅さんで有名な柴又の帝釈天に祀ってありますね)

正義の神様である阿修羅は、当然帝釈天に戦いを挑みますが何度戦っても負けてしまい、そのうち争いの権化と化してしまいます。

こう言うと何だか阿修羅が可愛そうですが、「正義」にこだわるばかりに、相手を許す心に欠けていたために天の世界から追放されてしまったそうです。



そういえば、先日「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さんが亡くなられましたが、しんちゃんの名言集にこんな言葉がありました。

「弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ」

「正義の反対は悪なんかじゃないんだ。正義の反対はまた別の正義なんだよ」


ちょっと考えてしまう言葉ですニャ

自分が正しいということにこだわるばかりに、相手の立場が見えない・・・夫婦げんかや兄弟げんかもそうですが、国と国との戦争も結局、「正義」と「正義」の戦いなんですよね・・・・


おっとっと=^_^=
画像








九州国立博物館を後にして、今度は柳川に行ってきました。

今度はゆったりと川下りです。


画像



北原白秋を初めとして、たくさんの文化人を生んだ土地であり、また水郷で有名なのでウナギが美味しいのだ!

画像





人気のお店はここでも行列です(^_^;)

僕たちは「どんこ船」に揺られながら、お弁当を食べました。




油断をしていると、こんな低い橋があるので、頭を打っちゃいます (危険ですニャ)


画像




北原白秋の詩で、僕の好きな曲をひとつ・・・・

この道 - 大貫妙子






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(50件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はコメントありがとうございました
できる限りマイペースで続けられるようにがんばります^^


それにしても阿修羅像のお顔…
なんとも形容しがたい表情ですね
阿修羅の逸話も興味深いです

大貫さんの歌う「この道」
音楽の教科書とはまた違ってステキです^^
まぁーこ
2009/09/25 20:56
なかなか悲しいのですね、阿修羅....
娘はいつかヨメにいくのだから...とは思いつつも、さらうって..神様なのにぃ...(^^;) 
娘の気持ちが気になります

川下りは何回かしたコトがありますが、こんな低い橋の下をくぐったコトはありません(^^)
こ〜いうゆったりした流れも、楽しそうでいいですね
(*´∀`)
ちまり
URL
2009/09/25 21:17
阿修羅像、何とも言えずに気高いお顔ですね。
柳川下り楽しそうですね。頭ぶつけずに下れましたか〜??
かるきち
2009/09/25 22:46
阿修羅さま…動画で見て鼓動を感じるくらいです。歴史の流れを感じますね今この時期に展覧するという必要があったかも知れません

やっぱり柳川は「アレ」でしたね(笑)
川下りはまだ未体験ですが、橋の下をくぐるのはスリルですね。TVでみても「あ!ぶつかる〜」と思っちゃいます
御花という、柳川立花藩の別荘?があったと思いますがそこも歴史を感じますね
そしてウナギは浜松に行くまでは、セイロ蒸しが定番だと思ってました〜
うな重で出てきたときびっくりしたのを思い出しましたねぇ〜
みぃねいさん
2009/09/25 23:18
むむ!これはほんとに実物見たいかも!でも300分〜〜〜阿修羅ってそうなんデスね、しんちゃんの言葉同様考えさせられます。やっぱ中庸って難しい。どんこ舟でお弁当♪すてき!頭下げてるところがオカシイ(笑)「この道」こんなメロディついてたんですね!私は島崎藤村の「やしのみ」が大好きなんですが、思い出しちゃいました…お風呂や月を見てる時とか歌詞と関係なく口づさみたくなるメロディ、という点で共通項が…
こりす
2009/09/26 05:33
まぁーこさん こんにちは

僕もマイペースがモットーですので(笑) これからもよろしくお願いします。

阿修羅の顔は、見れば見るほど引き込まれる何かがあるんですよね!
大貫妙子さん好きなんですよ =^_^=
よしお
2009/09/26 07:26
ちまりさん こんにちは

阿修羅の逸話は、なんだか悲しい感じがします。その憂いが表情に出ているのかなぁ?
柳川の川下りは、あちこちに大きな木の枝が突き出ていたり、こんな低い橋があったりするので、ボーッとしていると大変な事になりそうですニャ =^_^=
よしお
2009/09/26 07:29
かるきちさん こんにちは

興福寺の阿修羅像は、特に美しいですよねぇ(^o^)
川下りでは、お酒を飲まなかったので大丈夫でしたよ(笑) =^_^=
よしお
2009/09/26 07:32
みぃねいさま こんにちは

阿修羅は実際に見ると、何とも言えない空気感があるんですよね!
やはり柳川は、川下りとせいろ蒸しですね。
お花はもちろん行きましたが、ゆっくり散策する時間もなくて、早々に帰路に着きました。
今度はもっとゆっくり、行きたいですニャ =^_^=
よしお
2009/09/26 07:36
こりすさん こんにちは

阿修羅展は確かに並んだ甲斐はありましたよ。
確かに疲れましたが(^_^;

中庸・・・確かに人間こだわりがありますから、なかなか難しい事ではありますね。
クレヨンしんちゃんの映画も、子どもにいやいや見せられましたが(笑) 結構感動する作品も多いですニャ。

僕も「やしのみ」大好きなんですよ。しんみりした、いい詩ですね =^_^=
よしお
2009/09/26 07:42
阿修羅像、やっぱり素晴らしいですね。
こっちへ戻って来たら、是非奈良まで観に行こう!・・・でも、これだけ話題になると、こっちでも大変かな?ガラス張りだし。

しんちゃんの名言、なるほど〜って胸にきます。でも、実際に自分の生活の中でそう思うこと、ふるまうこと・・・むずかしいなぁ。ほんと考えさせられますね。
まある
URL
2009/09/26 10:15
日本のどこに現れるか分からない【よしお】
阿修羅は知っている〜
応援(*^^*ゞ
みゆきママちゃん
URL
2009/09/26 13:11
たしかに許すってむずかしいー。
私はなかなか人を許すことができないほう
かもしれません。
でも阿修羅が仏さまではなくて修羅の王
だったとは知らなかったです。
なんかもの悲しい顔をしてるように、
私にはみえてきます。
ミッキママ
URL
2009/09/26 13:46
阿修羅像には、みんなを惹きつける魅力があるんですね。美少年?おいくつぐらい?お顔の後ろ姿?は見れないんですね。無いのか?
くれよんしんちゃんが原作の映画。すごく良いらしいですね。妹が姪と行って来て感動したようです。小さい子向きの漫画、アニメと言えど、奥深いモノがあるのかもしれません。だから、映画にもできたんでしょうね。いや、面白いしんちゃんがメインだと思うけど。(笑)
許すということは強さの証。なるほど!私も歳と共に、許せるのかな?と。あんまり考えるのも疲れるというのもあるか?
(^^;)
留加
2009/09/26 15:39
まあるさん こんにちは

今回の展示は、ガラス無しでしたから、手を出せば届くような距離で見ることが出来ました。
でも興福寺で見るのも、やっぱり良いですね!

しんちゃんは、時に深い言葉を言ったりするんですよね〜 
純粋な?子どもが言うところに価値があるような気がしますね =^_^=
よしお
2009/09/26 15:58
みゆきママちゃんさん こんにちは

僕はどこでも、出て歩くのが大好きですからね(^。^) 実は阿修羅君も、お友達なんですニャ =^_^=
よしお
2009/09/26 16:00
ミッキママさん こんにちは

確かに純粋な気持ちで人を許すことって、難しいですね。いつまでも根に持っちゃいますから・・・。
何か影があるような、悲しさがありますね。それが魅力でもあるのですけどね =^_^=
よしお
2009/09/26 16:04
留加さん こんにちは

阿修羅さんの顔は、とても端正で整っていますよね。天平時代の仏像はオリエンタルな顔つきをしていますからね〜。
今回は普段見られない、阿修羅像の後ろ姿が拝めるというのが売りだったんですね。とてもスレンダーで手足もスラッとして、羨ましいニャ〜(笑)
クレヨンしんちゃんの映画は、なかなか脚本が良いものが多くて、大人が見ても感動するものも多いですよ。
許す、許さないとかいう以前に、怒る気力も無い人がいますからねぇ・・・アレはいけませんニャ =^_^=
よしお
2009/09/26 16:14
柳川〜楽しそうですね(^。^)
1度は行ってみたいと思ってしまいましたよ♪

阿修羅・・といえば昔NHKの番組 阿修羅のごとく・・なんだか暗く重い内容だったように憶えていますが、テーマ曲が(トルコの古い音楽で)その曲がすご〜く好きでした。数年前トルコ国営の音楽隊が静岡にきてモチロン聞きにいきました。あら?内容が反れてしまいました(笑)・・そのとき阿修羅ってなんだろうと調べていってこの阿修羅像に行き当たりました。
あび
URL
2009/09/26 17:02
最近、妹と姪が観に行ったのは、原作がくれよんしんちゃんのアニメ映画で、それの実写版の「バラッド 名もなき恋のうた」でした。草なぎくん主演のね。アニメのもヒットしたようだけど、これもヒットしてるようね?
留加
2009/09/26 17:08
>自分が正しいということにこだわるばかりに、相手の立場が見えない・・・
本当に、我家の夫婦ケンカそのものです
そんな修羅場を幾つ潜り抜けてきたことやら・・(^▽^)ノ

有名な柳川下りもされたんですね
あの船の名前がどんこ船というのははじめてしりました。。その中でお弁当とは風情がありますよね・・
風子
2009/09/26 21:23
あびさん こんばんは

阿修羅のごとくは、タイトルは知っていましたが、見たことはありませんでした。
何かドロドロしたイメージですが、やっぱり内容は暗かったのですね(笑)
そこで興味が音楽の方へ行くというのが、あびさんらしいですね。

柳川は風情があって好きな町です。冬はこたつに入りながら川下りをするんですよ =^_^=
よしお
2009/09/26 21:42
留加さん こんばんは

「バラッド 名もなき恋のうた」の原作になった映画は、うちの子どもが大好きで、何度もDVDで見せられました(^_^;)
内容はとても感動的ですね。子ども向けにしてはシリアスなエンディングでした。
今度実写版も見に行ってみます =^_^=
よしお
2009/09/26 21:45
風子さん こんばんは

さすが! 何度も修羅場をくぐって来ただけあって、言葉に重みがありますね(笑)
どんこ舟での川下りは、のんびりしていて良かったですよ。
この後、仕事がなかったらビールを飲んでいたのになぁ・・・残念!
でも木の枝が垂れ下がっていたり、写真のように低い橋があったりするので、油断できませんニャ =^_^=
よしお
2009/09/26 21:50
此路は、ああ母さんといつか来たのよ〜
いや、行きたかったのよ柳川くだり。

クレヨンしんちゃんは、絵柄はともかくシリアル(尻ある)・・・ではなくて、シリアスなテーマになっていて劇場作品だけは見ています。小さい子どもなどは、テレビのしんちゃんが良いようで劇場では落ち着かなくなったりしますけど、大人の方がひきつけられてしまっているようです。
映画館で回りを見回すと、映画の終わりの方では不思議な雰囲気と化しています。
子どもはよそ見をしていて、大人が眼をきらきらさせて見入っている。
わたしもその口でした。子どものお伴につきあったのが初めの劇場作品でした。

物事は両面があるようで、真意は替わらないものではないでしょうか。大人が子どもに、正義が悪に。その交差点が何処にあるか、それを抑制するのに三つ目の視点が必要なのでしょう。

片目ではなく両目でしっかりと多角的に見極める為に、阿修羅には三つ目の顔があるのでしょうね。

蓮池を眺めながら、お供えをほおばりながらそんなことを考えています。池の上を渡る風は、心地の良いものでした。
気持ちがいいので、暫くお昼寝していましたよ。見えないものが見えたり、何かと出逢いがあったりしませんでしたか。
妖弧じゃなくて、妖狐だけど、妖狐も良いか...
2009/09/27 00:40
妖狐さん こんばんは

すいません、判っているのですがなぜか「ようこ」と打つとあの字が出てきて、気付かないままでした(^_^;) ちゃんと直しておきましたので、もう間違えませんよ! すみませんでした (m_m)

クレヨンしんちゃんの劇場版は、実はついてきた大人のために作っているのではないかと、思うこともあるぐらい、深い内容の作品もありましたね。

おっしゃるように、神や仏・菩薩は人間をななめ上から観察しているような存在です。
人間が気付かないことを教えてくれる・・・だから仏像の前では謙虚にならなければいけないのだと思います。

本当に今日は不思議な一日でした。僕も一日、窓から虚空を眺めていましたよ =^_^=
よしお
2009/09/27 01:11
阿修羅様がとても美しく撮れていますね!!!
よしおくんがおっととと〜〜おっとっと〜〜落ちなかった?!
ぐうたらは柳川を旅して、もう10年以上過ぎてましたよ・・(^O^)
近いとかえって行かないんですね〜よしおくんと同じく川くだりで、あの橋で頭を下げて・・
うなぎもおいしかった〜♪♪御花という場所で
その日は結婚式のカップルが写真を撮られていました・・よかったにゃ=^・^=
ぐうたらママ
2009/09/27 01:51
ぐうたらママさん こんにちは

ネコはバランス感覚がいいので、大丈夫ですニャ!
名所は近くにいれば、返って行かないですね。御花はとても雰囲気が良くて、ウエディング・ドレスが似合いそうです。
阿修羅像は撮影禁止だったので、HPから拝借してきました =^_^=
よしお
2009/09/27 07:46
夜中の不気味な音で寝不足の私
よしおちゃんと一緒に眠ったら熟睡できるかにゃ〜凸
みゆきママちゃん
URL
2009/09/27 12:20
阿修羅・・・
色々考えさせられますね。
正義を通そうとするあまり
争いが生まれてしまう。
『相手を許す心』
心に響きました。
しんちゃん、もちろん知ってはいますが、あまり見たことがありませんでした。
そんな素晴らしい言葉を伝えていたのですね。
sari
URL
2009/09/27 13:14
どんこ船も乗りたいし、うなぎも食べたい〜
修羅場にはいつもなってるので・・
冗談はとにかく、阿修羅の名前の由来、とても勉強になりました。意外に娘さんは幸せだったのではないかしら?
しんちゃんの作者、群馬県の山だったので特に気にしてました。ご冥福をお祈りします。
あんこ姫
2009/09/27 16:58
阿修羅が、修羅の王だという事は、知っていましたが、もともとの立場と、どういう経緯で・・って言うのは、知らなかったので、思わず、へぇ!!
って納得しました。
 確かに、人を許すことに長けている人っていうのは、凄いと思います。大人になると、生きてきた年だけ、譲れないものが出来てきたりして、厄介になりますからね(笑)私も、そういう人間になれるよう、もう少し、心に柔軟性をもたなくちゃだわ・・♪
TO-y
2009/09/27 18:19
おぉ〜、有名な柳川下りですね。
あの低い橋に頭をぶつけた人って、過去に何人かいるのではないかと思えます。
柳川下りには、橋が危険な場所のひとつなんですね♪^^
mikomai
2009/09/27 18:23
クレヨンしんちゃん、なかなか深くて
いい言葉をいっているのですね。
確かに強い人はどっしり構えています。
ちまちましたことにいちいち怒っていません。

普段怒らない人がぴしっと一言いうと
ものすごく重いですね。

たこりん
URL
2009/09/28 00:24
昼なのに真っ暗な私のカントリー
みゆきママちゃん
URL
2009/09/28 14:00
弱い者ほど・・・・の言葉心ひひびきました。
まずはこのを誰々に言ってやりたいと思うところですが、自分の心にしまっておきたいと思います。
・・・ありがとう〜
マリー
2009/09/28 15:29
阿修羅にそのようなお話があったなんて、全く知りませんでした。
そもそも、阿修羅自体、知らなかった私です・・・(悲)
動画を拝見しましたが、本当にいいお顔ですね☆
ず〜っと長い間、この形のままで立っているのですね。
もっと歴史に興味を持たなくては!!(汗)

この道・・・私も大好きです。
花嫁が父親とバージンロードを歩くときに、子供だったころもこうやって父と歩いたなぁと振り返るCMで使われてますね。
私は父親と歩くことはできなかったけれど、そのCMを見るたびに目頭が熱くなります。
プレミアママ
2009/09/28 16:02
ふむ。。
許せる強い正義が欲しいね
meau
URL
2009/09/28 16:45
みゆきママちゃんさん こんばんは

夜中に変な音がしても、確かめに行くのも恐いですからねぇ・・・
プリンちゃんは、番犬にならないのですか? =^_^=
よしお
2009/09/29 00:27
sariさん こんばんは

まぁ・・・(^。^)クレヨンしんちゃんは、玉石混合という感じで、所々に考えさせられる言葉が、隠されているという感じです。
まぁ喧嘩をしても、自分を振り返る余裕があれば良いのですが・・・=^_^=
よしお
2009/09/29 00:37
応援ぽちん。
むーみん
2009/09/29 00:40
あんこ姫さん こんばんは

柳川のウナギは、せいろ蒸しなのでお酒を呑みながらでも、いけるんじゃ無いでしょうか?
阿修羅の娘さんは、結局帝釈天と結婚したんだと思いますから、幸せだったんでしょう。
ただ、阿修羅は融通の利かない、頑固者だったのでしょうね(笑)
僕も山登りは好きなので、注意しないとニャ =^_^=
よしお
2009/09/29 00:42
TO-yさん こんばんは

そうですね・・・年をとるにつれて、頑固になって行くものですからね!
でも相手の立場を考える、心の余裕は欲しいですニャ =^_^=
よしお
2009/09/29 00:45
mikomaiさん こんばんは

景色に気を取られていると、危ないですね!
船頭さんが教えてくれますから、よっぽどのことが無いと大丈夫でしょうが・・・時々船頭さんが出ている木の枝で、頭を打ったりしています(笑) =^_^=
よしお
2009/09/29 00:49
たこりんさん こんばんは

しんちゃんの映画を見ていると、時々考えるようなシーンや、セリフが出てきて感心します。
ドラえもんなんかもそうですが、親が出来なくなった子どもへの躾というか・・・メッセージを託しているような気もしますね =^_^=
よしお
2009/09/29 00:54
みゆきママちゃんさん こんばんは

昼でもまっくら? 何が起きたのだろうニャ =^_^=
よしお
2009/09/29 00:55
マリーさん こんばんは

強い人間にはなかなかなれないけれど、弱いなりに強がらず、思いやりのある猫になりたいニャ! =^_^=
よしお
2009/09/29 00:58
プレミアママさん こんばんは

阿修羅のお顔は、端整で有りながら何か寂しさが伝わってきます。
実物を見ていると、本当に引き込まれそうになります・・・。

「道」本当にいい詩ですよね。じっくり聞くとジンと来ちゃいます =^_^=
よしお
2009/09/29 01:03
meauさん こんばんは

許せる正義かぁ・・・僕もそんな心境になりたいですね。 一生無理かなぁ(笑) =^_^=
よしお
2009/09/29 01:05
むーみんさん こんばんは

いつも応援ありがとニャ! =^_^=
よしお
2009/09/29 01:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
阿修羅って?? よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる