よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 手羽先スープ 節約編

<<   作成日時 : 2008/07/11 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

冷蔵庫をあさっていたら、手羽先が出てきたから焼き手羽先とスープにしました。

普通手羽先は、そのまま煮たり、塩焼きにすると美味しいけれど今日はせこく、もとの方を香草焼きにして、先っぽをスープにしました。

画像


まず、手羽先をもとの方と先の方に分けて切ります。
隠し包丁を入れて、もとの方は塩こしょうとニンニクとバジリコを良くすり込んで2〜3時間置いて、オリーブオイルでゆっくり焦げ目がつくまで焼きます。

画像


先っぽの方は、鍋にごま油を入れてニンニクと唐辛子と一緒に炒めて、きつね色になったら水を入れます。
塩こしょうで味を調えるだけで、良いスープになります。

ただ手羽先を焼いても、先っぽの方はあまり食べられませんが、こうすれば完全利用・骨の髄まで楽しめます (=^u^=)ニャウ

画像


追伸
昨日の「いのちがあと5日しかなかったら?」の記事に沢山コメント入れてくださって、ありがとうございます。(まだまだ思うことがあればコメント入れてね)

内容的にも暗いし、最後の曲がレッド・ツェッペリンの「天国への階段」ですもんねぇ (-.-)


この話にはきっかけがありまして・・・・。

上智大学の哲学の教授で アルフォンス・デーケン先生と言う方がおられます。

大学でずっと「死の哲学」を取り組まれ、大学でも毎年抽選になるほど受講者が殺到するそうです。

私もデーケン先生の講演会に行き考えたことが、死をタブーにして健康なものだけで成り立っている社会が、果たして健全なのだろうかということでした。

昔は、生まれることも病気をして衰弱していくことも、そして死んで行くことも家庭の中にあり、わざわざ死の教育などしなくても良かったのですが、現代はそれが病院となって、生や死が実感できなくなってしまっているという問題が出てきたのです。

この、デス・エデュケーション(死の教育)の中で、余命数ヶ月と設定して自分の一番大事な人に遺書を書くという、課題があります。

最初は、笑って「え〜書けないよ」と言っていた学生がだんだん真剣な顔になって、涙を流しながら書く子もたくさんいます。
そうやって、当たり前と思っていた自分の命が沢山の人の願いによって、生かされていることに気づいて行き、家族や友人に対する気持ちがはっきり判るのが、「死の教育」なのです。

別れを意識することによって、逆に大切な人との出会いを感じて行くのですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
コラーゲン・・たっぷり!
432R
2008/07/11 11:36
スープがとってもおいしそう!澄んだスープを作るのって難しいですよね。432Rさんの、コラーゲンたっぷり…ってなんて魅力的な言葉なんでしょう!
今度、手羽先買ったら作ってみようっと!香草焼きも♪


みゆひ姫
2008/07/11 15:45
手羽先のスープ、名案ですね♪
ワタシ、実は鶏に目が無いんです。作ってみよ〜っと。

「命があと5日しかなかったら・・」
やりたいこと、やっておかないといけないことがいっぱい思い浮かんできますよ・・・書ききれないくらい。
なんか、自分は毎日先延ばしにしていることだらけで生きてるんだなぁって実感しました。
ホントにそう告知されちゃったら、
パニックになってオロオロするばかりかもしれませんが、
そういう事態・・・いやいや、
場合によってはいきなり・・・ってことだって現実にありますからね、
いつ、何があっても後悔のないように「今」を生きとかないといけないですね。

まある
2008/07/11 15:45
よしおくん!ミホはまだ。。日本ですよ(>Δ<)∴
15日に旅立ちます☆

アルフォンス・デーケン先生の講座。。ちょっと行きたくなりましたよ(・u・)
死は、とても恐いけど。。それに向き合って生きる意味を教える事は、凄いと思います!
とっても。・勉強になりました。・☆
ミホ
2008/07/11 15:49
アルフォンス・デーケン先生は
高校の時に学校に公演にいらして
『死』というテーマでお話を伺いました。
彼にはキリスト教という信仰があるが故に
死というテーマを扱っていながら
心配や恐怖よりも生きることの力強さを感じました。
もしかしたら核家族化された現代は
子供たちが初めて接する身近な死が
ペットの死となっているのかもしれませんね。
ゆむるた
2008/07/11 16:21
手羽先、美味しそう!!
ビールのおともに、最高だね(〃>∀<〃*)

「命が・・・」
色々考えますが、悔い無き人生を!!
をモットーに生きている、ミルクティー。
日々大切に過ごしていけば、死は怖くないし、必ずくるものだから!!それが自然だし。
そう思えるようになったのは、友人の『死』があったからなんだよね゚*((o(*ゝω・*))*+。
あまりにも辛い、中1の時の出来事でしたヽ(´ω`ヽ●*)
ミルクティー
2008/07/11 16:33
手羽先を余すと来なく料理にする♪まさに地球にやさしい料理ですね〜いつも感心するけど、よしお君お料理上手♪食べる事が好きなのねぇ〜♪
 『死』については、私は身近かに感じることがおおいです…(-ω-lll) 毎年恒例のように、どこかで事故を起こす『おとん』・・30歳になりたてのとき、乳がん検診で、引っかかった時、もし自分が子供を残して先立つことになったら・・何度も何度もそういう事を考えてきましたから・・( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
 やはり、先立つことになるとしたら、自分がいなくなった後も、子供たち、友人、両親・・自分の周りの人間に少しでも負担がのこらないよう、ちゃんと生きていけるよう、それぞれに、手紙を残し、子供たちには、1年ごとに誕生日のメッセージ入りのビデオとプレゼント・・成長段階での必要な物をそろえ、少しでも不自由なく生きていけるようにしたいですね。
TO-y
2008/07/11 17:25
手羽先のスープ、おいしそう一度チャレンジしてみようかな(^◇^)

命が5日だったら・・・
昨日もコメント欄を開いてしばらく考えましたが
なにも書けずそのまま閉じました
家には精神的にまだ私の助けを必要としている子がいます。
その子のためには、せめて一年必要なんて考えると
何も書けなくなりました。

2008/07/11 17:27
ごめんちゃい。遅くなりました。手羽先大好きで家でもよく焼いて食べるけど、そう先チョが残るのよね。今度やってみます。「命の・・」今から見ます。
あんこ姫
2008/07/11 18:08
すごい!!
手羽先をここまで活用するなんて☆
私が住んでるのは東海地方なので、手羽先は有名です。
甘辛く味付けされたものが大好きです♪
たいていお店で買ってお持ち帰りっていうパターンですが、今度自分でスープも一緒に作ってみようって思いました☆
プレミアママ
2008/07/11 20:09
432Rさんこんばんは

一行コメントでも、ツボにはいってしまうのが432Rさんですねぇ。笑ってしまいましたぁ (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 22:36
手羽先おいしいですよねー。
スープにするとは気が付かなかった。
鶏肉なら何でも大好きな娘の為に
つくってみます。
煮込む時ささみ1っ本いれてあげよう。
あじつけまえにとりだせば6っ匹にも
あげられるしね。
身のとこ1口づつね。
ミッキママ
2008/07/11 22:37
みゆひ姫さん こんばんは

1本で2度楽しめるレシピです。
当たり前みたいですが、鶏肉とバジルの相性は最高ですね (=^u^=)ニャウ
よしお
2008/07/11 22:39
まあるさん こんばんは

結構勿体ないと思う方なので、先っぽの活用を考えてみました。
本当にまあるさんが言われるように、いつか素晴らしい人生がやってくるのではなく、一日一日の積み重ねが素晴らしい人生につながって行くのだと思います (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 23:09
ミホさん こんばんは

15日だったですねぇ。失礼しました。ゆっくり出来ないかもしれませんが、ハワイ堪能してきてください。
機会があれば、アルフォンス・デーケン先生の講演聞きに行ってください。堅そうなイメージですがユーモアもあって面白いです (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 23:12
ゆるむたさん こんばんは

ある意味、避けることの出来ない「死」をテーマにした時、宗教は避けられないのかもしれません(僕は全くの不信心ですが・・・)
死とは生の反対ではなくて、一体なんだと思いました。
アルフォンス・デーケン先生は、必ず来る「死」という問題に何も準備もしないで生きて行くことの怖さを言われていましたが、本当にそうだと思いました。
ドイツなまりの日本語ですが、ユーモアのセンスもあり楽しい先生ですね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 23:19
ミルクティーさん こんばんは

手羽先の香草焼きは、ビールにもってこいです。

しかし、ミルクティーさんすごい!人生達観していますね。
何より、同級生の死はショッキングだし、否が応でも命について考えさせられます。
一日の積み重ねが一生につながって行くのは判りますが、なかなか目の前のことにとらわれて、その日暮らしになってしまいます (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 23:25
TO-yさん こんばんは

手羽先はね、食いしん坊だからアルミホイルでも巻いて、取って代わりにしか使われない先っぽをどうにかして食べたいという、考えですよ(^_-)
自分の身に起った病気や事故なんかなければ、自分がもしもなんて考えたくもないし、考えないですよね。
最終的には、親とすれば子どもの愛情しかないでしょうね。私もそうですから (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 23:33
露さん こんばんは

先っぽの方まで食べる人は少ないから、良いアイデアでしょ。それこそコラーゲンたっぷりです。
一年ならまだ良い方です。僕なんて後10年はと(欲張り)思いましたもの。
ちょっと死について考えることも、必要じゃないかと最近思ったものですから・・・(=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/11 23:39
あんこ姫さん こんばんは

さきっぽ食べないですよね。
スープなら立派な鳥ガラのダシになるし、煮込めば肉がとろとろになって美味しいですよ (=^u^=)ニャウ
よしお
2008/07/11 23:42
プレミアママさん こんばんは

実は、今まで飲んでいたお店が、名古屋風の手羽先の揚げ物(甘辛くって美味しい)が名物で、別名手羽先村と呼ばれている店でした。
あのあたりは甘辛いのが好きですよね。
なかなか名物の「味噌カツ」も九州ではメジャーになれないし・・・。
地球に優しいスープ(笑)色々アレンジして作って見てください。スープだけなら離乳食にいいかも (=^u^=)ニャウ
よしお
2008/07/11 23:49
ミッキママさん こんばんは

僕よりさらに上手ですね。ついでにペットたちのおかずまでつくってしまおうとは、なかなかのものです(=^u^=)ニャウ
よしお
2008/07/12 00:12
う、うまそう、です。
ちゃんとご飯つくらないと…
不良主婦でもやることやらなきゃ不良できないから。
参考にしますね。
ところで、前記事にコメしてませんが、反響多いですね。ちょっと複雑で…
今は真剣に自分のこと考えてるとこです。
sweetparsley
2008/07/12 00:55
sweetparsleyさん こんばんはぁ

そう言えば主婦ブログっぽくないですよね (^_^;)
暴走族ブログ? アウトドアブログ? でもとってもおもしろいです!!

前記事はあんまり真剣に考える事じゃないと思います。ちょっと振り返る程度で (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/12 01:08
「死の教育」
σ( ̄∇ ̄;)ミィもとても大切だと思ってます。
人間としての尊厳をもって、その人らしく死んでいく・・・
「尊厳死」についても、もっと議論されても良いと思ってます。
ユージ
2008/07/12 01:47
ユージさん こんにちは

死を見つめることによって生きる姿が見えてくる、冬を知らないと夏が判らないのと同じですね。
尊厳死も最近になって、リビングウイルとかターミナルケアとか終末医療における命の尊厳を考えて、議論はされていますが、まだまだですね。
スパゲッティー・症候群と言われるように、終末期に沢山のチューブが体に差し込まれ、家族が会うことも・手を握ることもままならず、会話すらも人工呼吸器をつけた時点で出来なくなる。
ただ命を先延ばしするだけの医療は、本当の医療なんでしょうかね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/12 07:13
スープ!美味しそう!手羽先は、、、食べるのが面倒だから?あまり食べないけどね。(笑)
そう、自分がある病気になって初めて!すごい死について考えてしまったし。母の死もあって。色々と考えさせられました。そういう時でないと、なかなか真に迫って?考えられないよね。。。
留加
2008/07/12 18:14
留加さん こんばんは

手羽先は面倒くさいけど、それに見合っただけの美味しさがありますねぇ(^。^) 
本当に自分が病気とか身内の死とかを通さないと、なかなか考えませんよね。
形だけでも、死というものを考える機会にはなりました。そして大切なものに気づく事が出来たような気がします ヾ(=゚・゚=)ノニャン
よしお
2008/07/13 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
手羽先スープ 節約編 よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる