よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 怒ったときにこそ子どもを抱いて

<<   作成日時 : 2008/07/05 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

先日、ある本を読んでいたら「孤独の地獄」について書いてありました。


その地獄には、たくさんの人がいますが、それぞれの人には、他の人が見えません。「自分一人しかいない」と思っている人がたくさんひしめいているのが、「孤独の地獄」なんだそうです。


住む家があり、美味しい食べ物があり、何不自由ない生活を送っていても、かわいがってくれる人・本当の友達がいなければそこは地獄なんだと言うことです。

1920年ぐらいに実際にアメリカで起ったことですが、乳児院 (身寄りのない赤ちゃんを保護する施設) で、次々に赤ちゃんが死んで行くという事件があったそうです。

決して虐待ではなく、きちんと管理されミルクを与えられていました。

しかし、何故死んでいったのか…… それは抱っこされていなかった。ただそれだけなんだそうです。

赤ちゃんを抱っこすること。これがどれだけ成長の大切な栄養になるかということが、その後の研究で判ったそうです。

子どもって、親との信頼関係がしっかり出来ると、人を信頼することが出来るようになります。

家族関係がしっかりしていると、社会生活がしっかりと出来るようになります。

親子・家庭が、人間関係・社会生活の最小単位となっていると思うのです。




画像




知的障害を抱えた、ちさとちゃんという女の子の話を本で読んだことがあります。

ちさとちゃんはとっても世話好きで、通っている施設の先生のお手伝いをいつもしていました。
ある時、もっていたコップを落として割ってしまいました。
「ごめんね先生」
「いいよ また買ったらいいんだから」(大人はすぐこう言いますね)
割れたコップを拾いながらちさとちゃんが…
「ごめんね、コップさん。痛かったでしょうね。ごめんね……」
と涙を流しながら言っているのを聞いて、その先生は自分が恥ずかしくなったそうです。




ある新聞の投稿欄にこんな話が紹介されていました。

実家に遊びに行ったとき、母がいいました。
「おばあちゃんは、はるちゃん(私の娘)に教えられたわ」。
四歳の長女は何かしてもらうと必ず、「ありがとう」をいう。私も、その言葉の美しさを娘から教えられました。
靴をプレゼントされたとき、少し大きい靴を手に、「はるちゃんのアンヨが、ちょっと小さかったの。ご飯をいっぱい食べるから、もうすぐはけるようになるよ」という。私は、相手を思いやることのできる天使のような言葉を聞いて、涙が出ました。
子どもを虐待し、果ては死亡させるという痛ましい事件が再び起きました。私は言いたい。子どもから学ぶことはたくさんあります。自分のことばかり考えている大人より、小さな子どもの方がよほど人間味があります。
子どもをたたこうと振り上げた腕の力を少し抜いて、抱きしめてみてください。震えている、泣き叫んでいる、小さな体を強く抱きしめてあげてください。
最初は仕方なくてもいいのです。怒りに震えるあなたの心を、その心の衝動のままにたたくのではなく、逆の行動をしてみてください。そのうち、あなたにも、子どもにも、何らかの変化が表れるはずです。きっと、人間の温かい心と体を感じるはずです。



昨日「まあるさん」の記事を読んでいたら、犬のしつけについての投稿がありました。
人間の子育てと犬の躾け…考えさせられる記事でした。是非ご覧下さい (=^..^=)ミャー

「大事なことやで、わすれんようにな。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
 今日は。
 子供は不安だから、大人を信じる。傍にいるだけで、手を握ってあげることだけでもいい。
珊底羅
2008/07/05 15:06
真の愛情を持っての子育て・・
すごく大きなテーマですね・・
できそうでなかなかできない・・
もう子育ては卒業した私ですが自分が子育てした時には感情に任せて子供を叱ったことも何回もありました
後で、「ごめんね」と反省はしましたが・・
乳児院の赤ちゃんの抱っこのお話は聞いたことありましたね・・
ちさとちゃんのお話派は考えさせられてしまいました・・
親が、自分の子供を虐待するなんて、トンでもないことですね
不幸な子供が、これ以上出ないように願うばかりです・・
風子
2008/07/05 15:12
悲しいニュースが多すぎてつらいですね。
わたしも、もっともっと子供たちを
抱きしめてあげればよかった。
もっといっぱいほめてあげればよかった。
もう1度子供たちが小さい頃にもどれたらなー。
ちょっと後悔しています。
ミッキママ
2008/07/05 15:26
とっても刺激になるお話しでした。
まさに今の私にはピッタリの内容だなって・・・。
まだ息子は赤ちゃんで、言葉もしゃべれず、泣いたりわめいたりすることしかできません。
料理で火を使っているときなど、どうしても手が離せないときに限ってギャンギャン泣き出すときには、ついイラッして放置しちゃったりしてしまいますが、一息ついて、自分を落ち着かせ、抱きしめてあげようと思います☆
プレミアママ
2008/07/05 15:44
珊底羅さん こんにちは

子どもが一番信じることの出来る大人は親なのに、信じられない・虐待する…こんな悲しいことはありません(=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/05 15:55
風子さん こんにちは

これだけ「豊か」な時代になったのに心は「貧しく」なってしまったのは何故でしょうか?
愛情までお金で買えるようになったのでしょうか?
ネコの目から見ても、今の人間の子育ては変だなと思うことが多いです。
このことはまだまだ言いたいことがいっぱいあるのだニャ=^_^=
よしお
2008/07/05 16:05
ミッキママさん こんにちは

確かに子どもが小さい時は、親も若いし余裕を持って子育てが出来ませんね。
本当に後悔ばかりです(^_^;)
その点、ネコは子育て上手……というかほったらかしですね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/05 16:11
プレミアママさん こんにちは

子どもって不思議と、手が離せない時や忙しい時に限って、泣いたり時には熱を出したりして親を困らせます。
かまってもらいたいという、子どもからのメッセージなのかなぁと思います。
母乳やミルクをあげる時も、テレビを見ながらあげるのと、子どもの目を見ながらあげるのとでは、全然違いますよね!

そうそう、抱っこできるのは今のうちですよ。大きくなったら来てもくれませんから (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/05 16:19
人のぬくもりって大人でも心地がいいものですよね。
ストレスを抱えた現代人なら尚更
スキンシップによって癒されることも多いのではないでしょうか。

暑くて昼間は近寄ってくれない猫のふうたんでさえ
夜になるとスキンシップを求めて抱っこをせがみます。
スキンシップ大人も動物も必要です。
ゆむるた
2008/07/05 19:09
こんばんは。記事のリンク、ありがとうございました。
子どもの虐待・・・本当に痛ましくて辛い、あってはならないことですが実は、虐待している「親」の方が「癒し」を必要としていることも多いんですよね。
子育てって、子どもと向き合いながら、そこに見えてくる自分の生い立ちやトラウマ・・・大なり小なり誰にでもあるのでしょうけど、それを乗り越える試練のようにさえ感じることがあります。
もちろん、うれしいこと、幸せに感じる時もいっぱいあるんですけどね。
まある
2008/07/05 20:44
ゆるむたさん こんばんは

子どもでも、ネコでも抱きしめてあげることで言葉はなくても癒される事はあると思うんだニャ。
テレビを見ていて、親子の再会シーンは言葉より抱き合っています。言葉を越えた力がスキンシップにはあるのでは無いでしょうか (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/05 21:01
こんばんは。
ゆるむたさんのおっしゃる通り、大人もストレスで落ち込んだり。ただ抱きしめるだけで言葉はいらないんですよね。子育て中は夢中で余裕がなかったけれど、大きくなった娘と抱き合ったりして思いを伝えあってます。
あんこ姫
2008/07/05 21:08
まあるさん こんばんは

今回も、リンクお願いしてお世話になります(^。^)
昨日まあるさんの記事を見ていて、前々から考えていた今日の記事をアップしました。

言われるように、虐待をする親は何らかの心の傷を持っている場合が多いと思います。
だからこそ、子どもと共に親としての成長も必要だと思うんです。自分も含めてです。
そういう葛藤の中から本当の信頼が生まれるんでしょうね。
ペットとの関わり合いと、子育てとは本当に似ていると思います(=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/05 21:17
あんこ姫さん こんばんは

よっく判ります。親子で抱き合うと言うことは言葉で表せない信頼があるからこそだと思います。
そこまででなくても、握手でも同じことで手をしっかり握ることで信頼を得ようとする、政治家もこの事を利用しているのかも(-_-;)
子育ての真っ最中はそんな余裕が無いのは判りますけど、先輩のあんこ姫さんの言葉は重いですね (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/05 21:24
前に幼稚園のお便りによく入っているお坊さんのお話の中に、子供は皆優しいのだ・・と書いてあったのを思い出します。自分が時間を沢山かけて、大事に大事に作った泥だんごを、いとも簡単に私にくれるのです・・。そうなんですよね、『虐待』・・子供はいつも悪くないんですよね、親から見て悪い!と思われることも、実はちゃんと、理由があって・・そのこなりの優しさ思いやりの上で、成り立っていたりする・・
 実際母親の立場として・・その気持ちがわからなくもない・・父親は仕事の為、子育てはほぼ母親が中心で・・でも、子育ては我慢の連続・・当たるところがなくついつい目の前の子供をそのはけ口にしてしまう、だからこそ、父となる人は、子供をかばう前に母親をいつくしみ・・いたわるべきだ・・と、何かで読んだ事があります。 ストレス社会・・孤独な人が多い中、サポートすべきは誰なのかをしっかり見極めなければいけないような気がします。
TO-y
2008/07/06 00:22
YO-yさん こんばんは

子どもを人間として育てて行くのは、親の責任ですが、親のサポートも考えないと少子化はどんどん進んで行くでしょう。
確かに子どもと一日付きっきりでいるのは正直に言って大変なことです。そしてなかなかその苦しみは理解してもらえないという苦しみもあります。

様々な問題を抱えながら、子どもが大きくなった時には、きっといい想い出になっていることだと思いますよ (=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/06 01:01
どこでどう間違ってこんな時代になったのかな?
世のお母様方、本当に頑張ってくださいって言いたいです。
sweetparsley
2008/07/06 01:17
sweetparsleyさん こんばんは

僕はネコだからいろんな家に遊びに行くけど、家は立派になっても“家庭”は崩壊というとこ多いです。
家族なのに自分の事ばかり考えて、お互いに思いやる心がなくなっちゃってるのかな ヾ(=゚・゚=)ノ?
よしお
2008/07/06 01:22
人間はやはり一人では生きていけない生き物?なんですね。。。
(T0T)
私もお気に入りのガラスのコップを落として割ってしまった時、コップに謝ってしまいました。
(^^;;
私の場合は、少し違うと思いますが。(笑)猫のイラストのあるコップで。なんで?他のは残って?(同じ種類のコップで柄が違う。)これなん!?と。思わず、その猫のイラストをスケッチして、それから儀式は終わり、紙に包んで捨てたのでした。。。
なぜか?気に入ったのが割れて、いらん方?が残ったりしますよね?(何を言ってるんだか。(笑))
私って、物に対しても思い入れが強かったりするので。だから、物が捨てられず、溜まって来て、困るんですよねー。。。
((+_+))
留加
2008/07/06 04:11
留加さん おはようございます。

コップを割って儀式をしたんですか?
きっとコップも往生されましたね(笑)
でもそんな気持ちが大事なんだと思います。

確かに、おまけでもらったものがいつまでもあって、大事なものから割れて行く…そんなものかもしれないです。美人薄命とも言いますしねぇ(-_-;)
うちもたまりにたまったものを、どうしようかと考え中です(=^..^=)ミャー
よしお
2008/07/06 06:54
中身の濃い記事ありがとうございました。
家族の絆、一番 大事だと思いますし、親子愛、これこそ愛の基本だとσ(=^‥^=) ミィは思ってます。
子どもへの虐待、これほど悲しい事件はないですよね
(-_-;)。
ユージ
2008/07/07 02:22
ユージさん おはようございます。

親子愛が愛情の基本!本当そう思います。
虐待を受けて育った子どもは、心の傷を持ち続けて人を信じる心を失ってしまうし、その子ども自身も自分の子どもに虐待を加えることが多いそうです。
本当に悲しいことです (=^_^=)ニャア
よしお
2008/07/07 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
怒ったときにこそ子どもを抱いて よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる