よしおくんのネコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月のうさぎ

<<   作成日時 : 2009/01/10 21:45   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 42

今日は満月でしたね。


厚い雪雲がかかっていましたが、雲の切れ間から月が顔を覗かせていました。

画像



よく見るとうさぎがはね回って遊んでいるようにも見えます。



今日、『月のうさぎ』という絵本を読んでいました。



この話を聞いたことがある人も多いと思いますが、この物語は元々仏教説話のジャータカという物語がもとになっていて、面白いことに『グリム童話』『イソップ寓話』『旧約聖書』にも、重なる話しも多く見られるそうです。




このお話のあらすじは・・・・

仲良しのキツネとサルとうさぎがいて、いつも一緒でした。

そこにお腹をすかせた老人がやって来て、三匹の前で倒れてしまいます。

可愛そうに思った三匹は、それぞれ食べ物を探しに出かけます。

サルは木の実をたくさん取ってきて、老人に差し上げます。

キツネは魚やエビなどを捕まえてきてあげました。

しかし、うさぎだけは何も捕まえることが出来ません。


三匹と仲良くなった老人は、三匹と一緒に暮らすことにしました。

毎日三匹で食べ物を探しますが、うさぎだけがおじいさんが食べられるものを、何も探すことが出来ませんでした。


ある日うさぎは、サルとキツネにたきぎを集めて火をたいておくように頼みました。

夕方やはり何も食べ物を見つけることが出来なかったうさぎは、自分の肉を食べてねと言い残し、その火の中に飛び込んでしまいます。

その老人は実は神様で、うさぎの本当の愛情。苦しんでいる人を見捨てることの出来ない、優しい気持ちに感動して、うさぎを月の世界に送ってやりました。




今、世界中で悲しい戦争が行われています。

そこで犠牲になるのは、ほとんどが何の罪もない子どもや、一般の市民です。



私たちに何が出来るのでしょうか?

国同士がやることだから仕方ない? 

遠い国だから関係ない?




自分と関係ないと思った時、人間が一番残酷になる時だと思います。


うさぎのように、自分に出来ることは何だろう?

何かをしてあげたいと、真剣に考えることが大事だと思うんだニャ。



僕に出来ることは・・・・何だろう (=^..^=)ミャー

画像



月のうさぎ (寂聴おはなし絵本)
講談社
瀬戸内 寂聴

ユーザレビュー:
献身今日の幼児にとっ ...
大人にもオススメ現代 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(42件)

内 容 ニックネーム/日時
うわぁぁ…
とっても悲しいけど温かいお話なんですね(ノω・。)
ちょっと衝撃でした;
ウサギのようにありたいけれど、なかなか難しいですよね。
人間どうしても自分が一番可愛いと思いがちですから。
せめて自分が大事に想っている人に対しては優しくありたいです。
あさ
URL
2009/01/10 22:49
月のうさぎ・・・とっても深いお話ですね。
世界と言う大きなスパンで物事を見たとき、戦争以外でも飢えや病気などたくさんの人々がつらい思いをしているのだと思います。
不景気な社会とは言え、わたし達日本人は、世界と言う大きな枠の中では、十分に幸せな民族だと思います。
せめてこども達に世界にはこんなにも苦しんでいる人がたくさんいること・・・自分たちがいかに幸せなのかきちんと認識して欲しいと思います。
そうすることで少しは人にやさしくなれると思うから・・・

考えるよしおくんのお顔がとってもイイね
まぁーこ
2009/01/10 23:11
へ〜そんな話なんですね。
よしお君、悩んでも「火」には飛び込まないでくださいね。
私は飛び込むかもな〜
だってそのためにこの世に生まれてきちゃったんだもん。
なんて…「うそつき」な私が言ってます(笑)
満月なことも知りませんでした。
だって寒くって、お布団の中で爆睡してました。
sweetparsley
URL
2009/01/10 23:28
あのう、リンクさせてもらっていいんでしょうか?
sweet
URL
2009/01/10 23:43
(T_T)
記事を読んだ後、涙が止まらなくて
しばらく考え込んでしまいました。
そんなお話があったなんて
知りませんでした。
いつもお月様を見ては
娘と『うさぎさんがいるね〜』
なんてお話をしていたけれど
とても考えさせられるお話でした。

今起きている戦争の中で犠牲者の
1/3が子供だと聞きました。
子供でも大人でも命の尊さは
変わりないけれど、
やりきれない思いでいっぱいです。
少しでも募金をするとか
着られなくなった娘の洋服などを
贈る事しか出来ていません。
NAGI
URL
2009/01/11 00:10
うさぎのように、自分に出来ることは何だろう?
私も考えてみましたが、よしお君の顔を見たら、
可愛いくて、おかしくてクスクス笑ってしまいました。
ちいさな事だけど、笑うって大切。
みんな、笑顔になれる平和がほしいなあ。
アコ
URL
2009/01/11 00:55
あささん こんばんは

このお話は、小学校の読み聞かせ用に買ったのですが、朝の10分間で読むのにはちょっと深すぎて、まだ使っていません。
でも人のために、一生懸命尽くす心は、何とか伝えてやりたいですね。自分自身のためにも・・・ (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/11 01:11
まぁーこさん こんばんは

本当に自分の置かれた所を、しっかり見つめて初めて世界の姿が見えてくる・・・そう言う面もありますね。
不平ばっかりいっていますが、日本人が当たり前と思っていることが、どれだけかけがえのないことか、感謝しなくてはいけませんね (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/11 01:16
sweetparsleyさん こんばんは

僕が火に飛び込んでも、美味しくないですよ!
それよりおしりに火がついているのかも (*_*)
平和な世の中になるように、しっかりと子どもの指導をお願いします。嘘つきはダメですよ (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/11 01:21
sweetさん こんばんは

って! 自分のHNを略しないで下さいよ。一瞬誰かと思いました。
リンクですか? 大歓迎です (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/11 01:23
NAGIさん こんばんは

この月のうさぎの物語は、小さい時にどこかで聞いたことがあって、昨年絵本を手に入れて時々読んでいます。
悲しいけれど、すごく心を動かされる絵本でした。絵もとってもきれいなんですよ(^。^)

いつも戦争の犠牲となるのは、子どもたちをはじめとする市民。本当に何とかしなくてはと、切実に思います。
でも小さな一人一人の思いが集まれば、大きな力になると思うんです (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/11 01:31
アコさん こんばんは

そう笑うって大切なこと。
笑いたくても笑えない子ども達がいるという、現実があります。

一応真剣な顔なんですが・・・おかしいですかぁ?
普段が普段だからねぇ (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/11 01:34
あー、驚いた!(笑)
実は、先に?いち早く?ここに来て。一行目を見て驚きました。私もちょうど、遅くに買い物に行き、すごく月がキレイで見とれてたのです。あまりに丸いから?これは満月?!と思ってたら、そうだったのですね!(笑)
しかし、月の話から絵本、戦争の話までの展開はさすが!ですね。(^O^)
私は今、自分が不安定な中にいるので。自分のこと中心になるから何も?そういった活動はできないと思い込んでいました。そんなんじゃああかんのかな?
でも、余裕が無いと、何もできないなー。せめて祈るぐらいしかできないのかな?
よしおネコくんの首輪は、リード用のですか?ゴロくんに新しい首輪を買ってあげようと思いつつ。よしおネコくんの首輪に目が行くなー。(笑)
(^▽^)/
留加
2009/01/11 03:49
こんにちは!
私も昨日、月を見ていて満月?と独り言を言ってました。こんな綺麗な月を眺める余裕もなく生きる事が精一杯な人達が世界にはたくさんいるのですね。考えさせられます。
でもうさぎさんのようにたきぎに飛び込んでも姫の肉は美味しくない〜
あんこ姫
2009/01/11 11:53
こんにちは
昨日は満月だったのですね。雲が多かったので見ることができませんでした

この物語を読み涙が止まらず
こんな切ない話があるなんて…優しさって何だろうな?思いやりってなんだろうな?と考えさせられました。
昨日もゴリラの親子愛の姿を見て涙…ここでも
子供たちが犠牲になっていました
できることは何だろう…祈ることしかできないかも知れません
よしおくん…これからもここに来たときに私たちをいやして下さいね

みぃねいさん
2009/01/11 13:15
留加さん こんにちは

昨日が満月ということは知っていましたが、雲が厚かったので、雲が切れるまで寒風の中でカメラを構えて待っていました{{ (>_<) }}

この話は、何かの行動を起こそうというのではなく、一人一人が優しい気持ちを忘れないようにすれば、戦争をなくそうという気持ちを持てば、争いの世界が無くなるのではないかと、ちょっと思ったの。

確かに留加さん、大変なときだからねぇ。
首輪は、いろんな所を見て回ったけれどなかなか気に入ったのが無くて、たまたま100円均一で見つけました。安いけどお気に入りです (=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/11 13:56
あんこ姫さん こんにちは

月を見て綺麗だなぁと思えるのは、確かに余裕があるからですよね。
家が焼かれ、着の身着のままで笑顔もない子ども達を見ると心が痛みますね。

あんこ姫さんは、結構霜降りで美味しいかも・・・(失礼) (=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/11 14:04
「月のうさぎ」初めて知りました。切ないお話ですね。でも、一度子供たちに読んであげたいです。
人を思う心、自分ができることは何かを考える心、わかってもらいたいですね。
「私なんて何も出来ない」と思うことが逃げているということ。私は最近よくそう思います。
うさぎさんみたいに自分を犠牲にして…とまではいけないかもしれないけど、子供たちと色々考えてみたいですね。
みゆひ姫
2009/01/11 14:05
みぃねいさま こんにちは

こちらも雲は厚かったのですが、時より雲の切れ間から月が覗いていました。

月のうさぎのお話は、とっても悲しい自己犠牲の話ですが、この純粋な優しい気持ちが心を打ちますね。
命を賭けることは出来なくても、何かしてあげたいと願う気持ちを持つことは、大切ですね。

祈る気持ちを持つだけでも、たくさんの人の心が合わされば、きっと平和な世の中に変ると・・・信じています (=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/11 14:09
みゆひ姫さん こんにちは

この絵本は読み聞かせのために買ったのですが、自分が泣きそうになるので、まだ読んでいないんですよ(笑)

悲しいけれど、純粋な優しい心は人を感動させます。可愛そうで終われば何も変りません、そこから何をするかが大事なんだと思うんです。

電車で席を譲ることでも、結構勇気がいるように、行動に移す事って難しいですよね (=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/11 14:14
綺麗な満月ですね☆
いつも見ている月なのに、こうしてまじまじ見るってことはなかなかなかった気がします。

小学校のころ読んだ日本の戦時中の本で、食べ盛りの子供をもったお母さんが、どうしてえも飢えた息子においしい肉を食べさせてやりたいと、自分の足の肉を切って食べさせていた、と書いてありました。
本当かウソかわかりません。
当時『親の愛情のすばらしさ』ではなく、『人肉を食べるサイコ的な怖さ』ばかりに着目していました。
今となって思い返してみると、心が痛くなる程の愛情を感じます。
他国の戦争、他人事と思っていてはいけませんよね。
プレミアママ
2009/01/11 20:24
子供たちにはこういうお話にふれることで、思いやりや優しさや助けあうことについて考えたり、感じたりする機会にもなるのでしょうね。
いつか、読み聞かせもがんばってくださいね(^^)
私が持っている絵本では、ウサギは火に飛び込んでも死ぬことはないんですが、多分、読みやすくアレンジされていたのかもしれませんね。
まある
URL
2009/01/11 20:36
これは、子供の道徳に良い絵本ですねぇ〜。
早速今度購入してみよう!
実際、人の為に自分を犠牲に出来る人間は、少ないでしょうが、人の為に時間と労力をさくくらいの事はできますものね。誰かの喜ぶ顔を見ることが嬉しい。みながそれを望べば、世界に争いなどおきないのでしょうにね。
TO-y
2009/01/11 20:52
毎日のようにニュースでガザ地区の悲惨な様子を見ていて心が痛みます。
泣いているのは、けがをしている小さな子供たちと、子どもを亡くした親たちばかりです。

どうしてあんなことするの??

と、子どもたちが聞いてくるので、アメリカとイギリスが、パレスチナにユダヤの国を作っていいよと勝手に作っちゃったからだよと教えたのですが、「じゃあ、イスラエルをぶっつぶすぞ!」と、お兄ちゃんが答えたので、「それをしたら、同じことになるんだよ」と、話しました。
自分に何ができるのか?
本当に考えています。
たんたん
URL
2009/01/11 21:27
昔図書館でこの本を見つけて読んだとき、
とっても悲しくなって一人で部屋でないてしまったのだけど、
そのことも、何故ウサギが死ななければならないのかも
親には話せなかったし、聞けませんでした。
生まれて初めて、悲しんでいる自分の心の中で
これは自分で考えなきゃと思った気がします。

結局大人になって、本当にウサギが死ななきゃいけなかったのか分からないままですが、
ウサギの火に飛び込んでいく精神は分かるようになりました。
ただ、頭で分かることと、それが行動に移せることって
まだまだ未熟者の私は離れている気がします。
戦争のこと、犠牲になっている人達のこと。
ニュースで毎日、毎時間その話を聞いているのに...。
"やさしさ"ってそんなに脆いものなのでしょうか。
私にできること、今日のブログでリンクを貼らせて貰います。
ゆむるた
URL
2009/01/11 21:33
ふむふむ・・・
まずは自分のからだを大事にしてくださいニャ
そこからはじまります。つくづく・・
ミーちゃん
2009/01/11 23:12
ある人が戦争も愛なんだと言いました。
わたしは・・どうして?と疑問でした。

すべて起こることに意味があるのならやはり戦争も意味があるのでしょう
ただ・・一部で言われているように
反対する人々の裏では(武器の売買が行われていて)商売にしている

地球が回っているのは何の為だろう
そして朝が来ることの意味
雨がふる(ハリケーンが起こる)意味は

そして私達は地球の細胞

私は、このうさぎさんのような犠牲の愛は持ち合わせていないかもしれないけれど
出来ることを出来る範囲でしていきたい

☆どんな状況であっても、笑って・・がんばって幸せにいきることもそのひとつ☆

う〜ん訳の分からないコメントですにゃ^^;
お許しくだされ〜♪
あび
URL
2009/01/11 23:23
プレミアママさん こんばんは

このうさぎのお話しは、母性愛に近い感じもしていました。
戦争などで、母親が子どもをかばうようにして、亡くなっている写真を何度か見たことがありますが、これは本来女性が持ち合わせているものではないでしょうか?

戦争にしても、何もしないことも戦争に荷担していることにならないのかな?・・・と思うことがあります (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 00:30
まあるさん こんばんは

このお話は、いつか学校で読んであげたいと思うのですが、10分という時間制限があるので、なかなか難しいところがあります。
時間が取れる時に、意見を聞きながら読んであげたいと思っています。

この話に限らず、日本の昔話でも、ヨーロッパの昔話でも、けっこう残酷な話しは多いのですが、“教育的配慮”によって骨抜きにしてしまうことも多いようです・・・(=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 00:37
TO-yさん こんばんは

この瀬戸内寂聴さんの絵本は、とっても絵が可愛くて文章がしっかりしているので、おすすめです。
残酷と思いますが、だからこそ強烈に子どもの記憶に残りますし、うさぎの優しさが印象に残ります。
弱い人のために何かしてあげたいと思う、美しい心を育てていってあげたいですね (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 00:41
たんたんさん こんばんは

本当に子ども達は素直に“ニュース”を見ています。
傷ついた子ども達を見つめて、悲しい心になる気持ちを大事にしたいです。
慣れて無関心が一番怖いと思います。
相手が悪い、やり返せというのが、けんかや戦争の原理ですね。
インドのガンジーの無暴力主義の、対抗運動には本当に頭が下がります。
武器を使わなくても、問題を解決する方法があるんですよね (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 00:48
ゆむるたさん こんばんは

確かにこの物語で、うさぎが火に飛び込む必然性は無いのですが、本当に命をかけてまで、見ず知らずの人のために尽くすことが出来るのか? 多分人間では出来ない事でしょうね。
それほど純粋な気持ちで、他人に慈悲の心を実践することの、難しさを教えたものではないかと思うのです。

ニュースを見て、可愛そうねで終わってしまいがちですから。 何かが出来ないのかなぁ (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 00:58
ミーちゃんさん こんばんは

そうそう、みーちゃんも無理しないでね。

僕はおしりに火がついています・・・(=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 01:00
あびさん こんばんは

ある人が言っていました。戦争に限らず、争いとは正義と正義の戦いだと・・・。
自分が正しいと思いこんで、相手を許すことの出来ないのが、喧嘩や戦争なんですよね。

地球も人間関係も微妙なバランスで、成り立っていますが、ちょっと歯車が狂ったら、どんな親友でも修復が効かないことだってありますからね。
本当の優しさを持った人って、どんなときでも笑って許せる人だとおもうんですね。

あびさんの言いたいこと、とっても判りますよ (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/12 01:07
よしおくん本気で考えてますねー。
わたしも考えて見ます。
ミッキママ
URL
2009/01/12 01:51
よしおくん、今することは風邪引かないことだよ。
風邪は辛いし、、ママに迷惑かけるし。。
それになんといってもお財布が大不況になっておやつも買えなくなるかも
元気でいるだけで十分にゃ(=^・^=)
ゆーみん
2009/01/12 14:21
 今日は。
 二束三文の面子に拘りすぎている結果でしょうか。よしお君は招き猫になって、金運と幸せを運んでください。
珊底羅
2009/01/12 16:25
ミッキママさん こんばんは

今幸せな生活を送ることに感謝して、何かできないかなぁと考え中・・・(=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/12 17:32
ゆーみんさん こんばんは

ねこ風邪は本当にしつこいというか、慢性化するので要注意ですね。
お大事に (=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/12 17:34
珊底羅さん こんばんは

本当にメンツというか、意地の張り合いという所もありますしね。

みんなが幸せなのが一番なのは、判っていることなのに・・・(=^_^=)ニャア
よしお
2009/01/12 17:36
こんにちは〜っ♪
『月のうさぎ』知らないお話でした。
童話って残酷だったり悲しかったり理不尽だったりします。
最後にそりゃないよぉ〜!ってお話がけっこうありますよね。
このお話もなんだか切ないなぁ。
narinari
URL
2009/01/13 15:47
narinariさん こんばんは

童話って、以外に原作は残酷だったりします。
考えてみれば、大人社会ではハッピーエンドの方が少ないわけだから、残酷な方が免疫が出来て、良いという話しもあります (=^..^=)ミャー
よしお
2009/01/14 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 トラコミュ ねこ日記へ
ねこ日記
月のうさぎ よしおくんのネコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる